*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

長野遠征フリカエリ&10/1再び長野!

neu13938614_884011481705364_8257605314600183148_n.jpg
LIVE 8/12@Five Pennies(長野県岡谷市) ありがとうございました!




例年ならば快く迎え入れるはずの9月の到来。
(涼しさは間違いなく大歓迎)



連絡しなければいけない人や、
連絡したい人・会いたい人のほとんどを叶えられず、
「一段落したら」
の一段落をいつ作るつもりなのだ、
と自問自戒。

心当たりのある方、すみません。。。


このブログの更新にしても、何だかんだで月1本のペースですが、
今月はいよいよ新譜のリリース&初自主企画なので、
余裕があるなら色々つぶやきたいところ。



今回悠長に書いておりますが、
何日かに分けてようやく書いているので、
支離滅裂な物言いがあってもどうかご容赦を。



ひとまず、少しずつ情報を追加している9/30のレコ発詳細です。


~~~~~~~~~~~~~~~

9/30(Fri)@GRAPES KITASANDO(代々木・北参道)


*矢武久実 1st Full Album 発売記念LIVE*

Open 18:30 / Start 19:00
【ゲスト】相原邦弘 / 深瀬人寛(from 長野)
【出演】矢武久実
【Ticket】¥2,800(+1Drink & 1Snack ¥1,000)

*GRAPES KITASANDO
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-3-11 ニューベリー千駄ヶ谷1F
・Tell / Fax:03-6447-0160 / 03-6447-0161
・営業時間 LUNCH 11:30~16:00(L.O.) / DINNER & LIVE 18:00~21:00(L.O.) / BAR 21:00~MIDNIGHT

※ご予約は、こちら<Yatake Kumi Official Website>
http://yatakekumi.web.fc2.com/maildir/mailframe.html
もしくは、各出演者・GRAPES KITASANDOへお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~

 





それから、ゲストの深瀬さんが、自身のYoutubeラジオ番組の最新回で、
告知してくださっているので、お時間ありましたら覗いてみてください*

(今回はハプニングでお疲れ撮り直し回だったようですが、
いつも生演奏など色々企画をされていて、
駒ヶ根教会の回などは、教会の天然リバーブ(反響)が心地良く個人的にオススメです。)



↑という訳で、10/1に長野でも深瀬さんと共演出来る事になりました!
詳しくは、ブログ後半にて。。。







制作真っ只中、
振り返っている場合でもないのですが、

これをしないと進めないので、
何はともあれ長野遠征報告を。








「奏鳴館」改め、「すわのね」

neuCIMG8666.jpg


この日は昼間に長野入り。
御柱祭で今年は賑わい中の諏訪大社下社に寄るべく、下諏訪へ。


下社秋宮の参道沿いには、日本が誇るべきオルゴールメーカー・
日本電産サンキョーが営むオルゴール博物館があり、
今年の春にリニューアルしたとのこと。
(「すわのね」という名前に。
個人的には奏鳴館の方が好みだが、
一般観光客の足を向けさせるには、賢明な判断やも)




館内には、2011年の初・伊那ライブの帰りに、深瀬人寛さんと奥山善生さんと訪れているので、
今回は時間もあまり無かった事もあり、ミュージアムショップのオルガニートグッズが目的。



……のはずが、近くの蕎麦屋がお昼時で既に売り切れ。
昼食のタイミングを逃しそうだったので、
すわのねのカフェで、唯一食事に出来そうだったホットケーキにありつく。




neuCIMG8667.jpg




何の因果か、二年半前の岡谷ライブの際にも、
駅前でようやくありつけたのが、ホットケーキ。


IMG_20131213_152751.jpg



滅多にホットケーキを頼まないので、
岡谷でのこの確率は異常。


ディスクオルゴールの生演奏に包まれて、ちょっと回復。








neuCIMG8669.jpg


秋宮の鳥居前、
オルゴール塔。





neuCIMG8668.jpg

今迄散々オルゴールを語る時に、
「サンキョーさん」と呼んでいたものの、
パチンコメーカーと混同され易いので(別会社)、
せめてブログではちゃんと「日本電産サンキョー」と書くべきだとやっと気付く。
反省。



ちょっと前に、TV東京の「和風総本家」で制作過程などが紹介されていて
(発端はドイツ・ノイシュヴァンシュタイン城近くの土産屋で、
サンキョー製のオルゴールを買ったというドイツ人のインタビューから)

勝手に誇らしく、しかもドイツとリンクしていたので感激して観ておりました。
(海外で見つけた、Made in Japanのもの、という職人に焦点を当てた素晴らしい企画)












neuCIMG8670.jpg

根入りの杉。








CIMG8672neu.jpg

神楽殿。
注連縄の大きさに圧巻。
後に、出雲大社と同等の日本一の大きさだと知る。

こちらは右から巻き始め、不浄の侵入を防ぎ、
出雲大社は左巻きで、不浄(恐らく大国主命の霊)が出ていくのを防いでいるらしい。







neuCIMG8676.jpg

青銅製では日本一の大きさの狛犬。(体長1.7m)
確か奉献が大正と記載されていたので、歴史的にはまだお若い。








neuCIMG8680.jpg

4本の御柱に囲まれている拝殿。

後ろの2本が見当たらないと思ったら、
敷地を一端出て裏に回りこまないと見られない、
と翌日、近所に住む義理の伯父に教えて頂いた。







neuCIMG8686.jpg

御柱、
一の柱。








neuCIMG8689.jpg

立派なさざれ石。






neuCIMG8690.jpg









neuCIMG8691.jpg


諏訪大社下社の紋、
梶の葉。
(上社は根が4本、下社は5本)









neuCIMG8693.jpg

秋宮のすぐ傍、
諏訪土産で有名な、塩羊羹発祥の老舗、「新鶴」。

上生菓子や酒饅頭なども手頃な価格で悩みつつ。










neuCIMG8698.jpg

5年前にも時間が無くて行き逃した、儀象堂(時と時計の博物館)

ここは、屋外にある大きな水運儀象台が目当てで、
館内入口まで行ったものの、夜のライブへの充電を優先して断念。








岡谷へ移動。


neu13906660_884010978372081_308085099224170905_n.jpg

会場、Five Penniesさん。(写真提供、Oさん有難うございます*)


昼間の諏訪大社は、強い日差しがジリジリと射すような天気だったものの、
予想通り、日が落ちれば涼しい風が吹いてくる。




今回は素晴らしいPAさんが松本から来て頂いていたので、
本番も不自由なく終えることが出来ました。







neuCIMG8701.jpg

二年半の間に内装はちらほら移動した模様。
前回の”主”が、ピアノ後ろに陣取っていて、
威圧なのか応援なのか何れにせよ存在感増。






【8/12 Setlist】

1,オルガニート・詩『最古の図書館』~最古の図書館(Librarium)
2,Loireag -水の精-
3,灰色MÄRCHEN
4,祈雨 -kiu-
5,月読の森
6,Yu sontie~輪廻~
7,はじまりの唄






neu13939367_884011391705373_6551993084735066727_n.jpg

物販。
豆本POPをようやく追加。



前回から引き続きいらしゃった方が多く、
物販にて色々とお話が出来たのは、とても嬉しい時間でした。



新譜の発売や、長野でのライブを待って下さる方がいること、
普段、東京でばかり動いている自分にとって、
本当に有難く、力を貰えています。



この秋、再び長野でのライブを予定しているので、
(詳細はこのブログの最後に)
ようやく新譜を持って行けるのが、今から楽しみです。







PhotoGrid_1471018819563.jpg

小林未郁さん、Yokkoさんと。
お2人共、客席でじっくり聴きたかった。

小林さんとは東京で何か企てられたら、なんてお話もしつつ。

ご来場、ありがとうございました*









翌朝、再び下諏訪から。


neuCIMG8715.jpg


昨年、諏訪に移住した伯母がかなりプッシュしていたお店へ(笑)

「エリックさんのキッチン」



カナダから英語教師として仙台の高校に勤務、
東日本大震災がきっかけでこちらに移住し、
去年からカフェを始めたそう(伯母からの伝聞)



私は仙台では英語科の県立高校に通っていたので、
どこの学校だったのか、
色々お話がしたかったものの、
朝からお客さんも入れ代わり立ち代わり、忙しそうだったので断念。




neuCIMG8709.jpg

ライブ翌朝の清々しさと、
ゆっくり時間が動いている長閑な空気。








CIMG8710neuneu.jpg










neuCIMG8717.jpg

朝から胃を冷やす非常なセレクト(苦笑)
これもライブ後ゆえ。


珈琲やトースト、ベーコンなど、
ひとつひとつを丁寧にゆっくり作っている様子が映画を観ているようだった。
『かもめ食堂』や『マザーウォーター』の一コマが彷彿と。







東京へ帰る前に、松本まで足を伸ばす。

820885_214194025385751_772800028_o.jpg

「君はこの本とか好きそう」

と、数年前に直感で貸して頂いた、
スタイリスト・伊藤まさこさんの『松本十二か月』。


伊藤まさこさんの松本での暮らしや、伝統行事、
お薦めのお店、レシピなど、
魅力的な情報が沢山載っていて、
貸してくれた方の直感の素晴らしさ。
(もしくは私が判り易かったか(笑))



いつか行く日のためにと書き写していたノートを引っ張り出す。






neuCIMG8754.jpg

先ずは基本の松本城。


前回の岡谷ライブの翌日も、
この松本城をカメラマンさんの助手席から横目に見つつ、
旧開智学校や貝割れ大根が立っている発言のカフェ(当時ブログ参照)など、
この辺りは連れて来て頂いたものの、

今回は完全な観光なので、天守にも行くことに。

が、炎天下の下、待ち時間と長蛇の列。



仕方なく断念して、松本城を外から一周。


neuCIMG8731.jpg




neuCIMG8735.jpg




neuCIMG8751.jpg






neuCIMG8756.jpg

ビルの狭間のミニ松本城(古書店)。







neuCIMG8759.jpg

マンホールアートは旅の楽しみ。

松本といえば、手毬。





時間があれば、松本民芸やカフェ巡りもしたかったけれど、
諏訪や松本にはまた縁があろうし、
未来の楽しみに。



neuCIMG8762.jpg

今回の珈琲は、まるもさん。




和洋折衷の松本家具に囲まれたこげ茶な空間。


新宿にも松本家具に囲まれた珈琲屋があって、
時々、打ち合わせに使うけれど、
喫煙可なのがちょっと辛い。
(愛煙家の方には、現代において貴重な珈琲屋であるのでしょう)





neuCIMG8764.jpg

夏は専らこの組み合わせ。

レアチーズケーキは、硬くて濃厚なほど良し。





帰路の高速渋滞が気がかりなので、
ちょっと急ぎ足でまるもを後に。


最後の目的、新橋屋飴店さんへ。



neuCIMG8765.jpg

戦国時代、
塩の供給が禁止されていた武田信玄に、
敵将・上杉謙信が塩を送った事から、
松本に塩が入ってきた日を記念して、
塩市が始まったそう。

いつしか、塩は飴に替わり、
毎年1月に行われている松本の飴市。



飴が大好物、
という訳でもないのに、
このお店に行きたかったのは、
伊藤まさこさんの本の中に、

「材料は、お米と麦芽と松本のおいしい水だけ」

という、一節に妙に惹かれるものがあったから。
砂糖を使っていない飴とはどんな味なんだろう、という好奇心や、
”飴屋さん”
という存在にも嬉しくなりながら、
今回、伺うことが出来て良かった。


neuCIMG8770.jpg

【純米飴(じゅんこめあめ)】


飴は日常であまり食べる機会がないものの、
水飴なら料理やお菓子など用途も沢山。

とても感じの良い女将さん(おそらく)から、丁寧に熱心に説明と試食をさせて頂く。
この女将さんのヒトトナリに一瞬で惹かれてしまって、
人見知りから社交的な皮をかぶり(笑)
伊藤まさこさんのお話を出すと、
とても喜んで下さってこちらも何だか嬉しくなりながら、飴を頂く。


更に、商品と並んで敷かれていた手拭い(おそらく)が、
「グレーテルのかまど」(NHKの物語とお菓子作りの番組)のもので、
不思議に思ったら、女将さんから
「千歳飴の回で取材して頂いたんですよ」とのこと。

観てましたー!(テンション上がり)


「グレーテルのかまど」は、放送初期から毎回録画している稀な番組で、
NHKなので商品名や店名が出ないのが痛いところ。

まさか、好きな番組とこんなところで繋がっていたとは。

(因みに、朝ドラ「おひさま」を観ていた人には、
主人公達女学生が、学校帰りに立ち寄って割り箸でぐるぐるやりながら食べていた水飴のお店のモデルになったお店、
と話すと通じるらしい。お店にキャスト陣の写真など飾ってありました)





neuCIMG8767.jpg

社交性の皮を破いて、もはや素の状態で女将さんとお話を。

真摯に情熱を持って良い物を作り、それを知ってほしい、食べてほしい、
という純粋な強さが少しのやりとりでも見えて、
それだけでこのお店に来て良かったと思える。

これは、すべてに通じる姿勢だなと自分を省みつつ、
頂いてしまった試食用の豆板を噛み締めながら(これも美味しい)、東京に戻る。


純米飴は、大学芋やバニラアイスを作るのに使いながら、
大事に頂いています。(制作云々言いながら余裕じゃないか、とツッコミなさらずに(苦笑))




作り手の見えるものには、そのモノ以上に、
かたちには出来ない心や物語に触れる気がして、
それが”価値”あるものに自分の中で捉えられてやっと、
”消費”ではなく”頂く”
になるんだ、と実感するばかり。


想像力が乏しいのか、
想像させる余地がない物事が世の中に溢れているのか、両方か、


いつでもモノの前に、まず人間(こころ)があることを忘れないでいたい。






さて、


毎度何かを得て帰ってくる長野遠征ですが、
冒頭でもお知らせしたとおり、
9/30のレコ発の翌日に、
伊那のお隣り、箕輪町にあるビストロ・なゆたさんにて行われるイベントに、
深瀬さんからお声掛けいただきました。


私が深瀬さんをレコ発に誘ったのとほぼ時を同じくして連絡を頂いたので、
これも縁だなと思うのですが、

レコ発から連日ライブをこなせるか、未知の世界でちょっと心配(苦笑)
でもとても楽しみです。
長野で深瀬さんと共演するのは……(過去ライブ履歴参照)
ちょうど4年振り……!


長野ライブの原点のはずなのに、深瀬さんとの共演を知らない方も最近は多く、
是非是非、この機会に足を運んで頂けたら嬉しいです。

会場のなゆたさんは、
深瀬さんのYoutubeラジオでも一度会場になっていて、
とても雰囲気のある、ゆっくり珈琲が飲みたくなるようなお店で、
私も今から楽しみです。(ガレットが専門のよう)





~~~~~~~~~~~~~

◆10/1(Sat)@Bistroなゆた(長野県・箕輪町)

『小さな音楽会』

【時間】17:00−21:00
【料金】2000(1drink付)
(ワンコインの別注文でお食事もございます)
【出演】矢武久実、深瀬人寛 他

電話:080-6937-4964


~~~~~~~~~~~~



情報量の多い記事になってしまいましたが、
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


初めての、総セルフプロデュース制作は、
いくつもの峠越えの連続で、
本当に終わるのか、間に合うのか、という焦りと、
一つ一つを乗り越えていく楽しさが相まって、
何ともいえない気持ちです。
(気を抜くと、レコーディングで遊んでしまう、笑)



そんな9月。



初めてだらけのレコ発ライブへ、

日々向かって生きたいと思います。



Bis dann !!

このページのトップへ

コメント

読み応えたっぷり

軽い気持ちで読み始めたら、記録更新かと思う情報量に驚き・・・詳しくは改めて読むことにして、ひとまず斜め読み。
諏訪の道歩き日記は、読み応えがあり、面白かったです。ここにも、さざれ石があるのにはちょっと驚きました。ちなみに、東京では霞が関の文部科学省(古い建物のほう)の中庭にあります。

ライブが2日連続になったのですね。体力勝負になりそうですが、長野のホットケーキ巡りとマンホール探しの旅も楽しみにしています。

  • 2016/09/06(火) 10:00:31 |
  • URL |
  • M #RShMWp3I
  • [編集]

Re:

ありがとうございます*

とても読み手に易しくない混沌ぶりで申し訳ないですが、
春に書く予定だった仙台への旅の記事は、この倍以上の情報量になってしまったので、
お蔵入りにさせてしまいました…(苦笑)

ですが、今年のひとつ要になる旅だったので、
レコ発関係が落ち着いたら、掲載したいと思っています。

ライブ2daysで気掛かりなのは、物販が追いつくのかということです(本望ですが(笑))

体調に気をつけて準備をしたいと思います。

  • 2016/09/09(金) 01:43:49 |
  • URL |
  • yatakekumi #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yatakekumi.blog82.fc2.com/tb.php/227-e3709e81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆08/25(Fri)@HIYOSHI Nap(日吉)

◆09/27(Wed)@GRAPES KITASANDO(代々木・北参道)

*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (101)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (11)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。