*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

碧ヲ求メテ飛行スル

最近、告知ばかりな気がするので、
久々に空談を。

何だか、お酒の話になってしまいました(編集後記)
長文なので、お時間のある方はお付き合い願います。


先日、仙台ライブでご一緒する出海圭太さんと、
打ち合わせという名の飲み会。

飲み会といっても、アルコォルは冒険心が働く時にしか、
私は飲まないので、
アルコォル好きの友人知人には、さぞがっかりされます。
(私は自分でがっかりしていないので、全然構わないのですが。笑)

炭酸が苦手な事が、全てを物語っているのでは……と思うのです。
Aber,前世はドイツ人、などと云っていた中学生の時分でも、
ビールが好きになる未来が想像出来ませんでした。

未来は誰にも分からない。
けれど、この未来は今日まで続いており、
つまり、私はビールが好きになれない。

元々、何でもゆっくり味わう質なので、
所謂「喉越し」を楽しむ事が出来そうにない、というかしたくないというか(笑)

こんな事をドイツで呟いたら、生きていけそうにないので、
おそらく、ドイツで生きる事になったら、ビールは克服しているかもしれませんね。
(現に、1ヶ月しか滞在していなかった時でも、炭酸が克服しつつあったので)



お酒が大好きでとても詳しい友人に連れられて、
ショットバーの扉を開けてからというもの、
私のアルコォル地図に未来を描き始めた音がしたのが、カクテル。

この世界も奥が深すぎますが、
奥が深い世界に踏み込むのは大好きなので、
自分の中ですぐにリンクする事が出来ました。


例えば、ワインのラベルなどには、中学生の頃から興味があり、
ボトルの形も様々で見ているだけで楽しいのです。

箱庭趣味と繋がりますが、
1本のボトルを1つの建物と見ると、
もうそれだけでイメージが広がっていきます。

バーには図書館が本を所蔵するように、
様々な物語を持つボトルが並んでいて、
味を知らない私は、先ず視覚的な分野から興味を惹かれて入り込みました。

そして、カクテルに惹かれた1つは、色。

どうして、あんなに光を纏っているんでしょうか(魔法ですね)

今日、カクテル話になっているのは、
冒頭で話していた、出海さんとの飲みで入った、
一瑳というお店で飲んだ、
ラピュタ、というカクテル。

Laputa

以前にも、この名前のカクテルを飲んだ記憶がありますが、
名前だけ……という印象でした。

今回のものは、カクテルの説明にしっかり「飛行石」という言葉が出ていたので期待。
そして、果物好きなので、青りんごとグレープフルーツという組み合わせも、先ず失敗は無い、と注文に至りました。


何であれ、名前と外見に拘らずに「味で勝負!」という食べ物飲み物よりは、
味で勝負出来るなら、外装も力を入れてくれれば良いのに、
と思ってしまう質なので、(考え方に因っては、安易です、苦笑)
こういう事をやっているお店は、一寸親近感が湧きます。


しかし、アルコォル趣味は、というか趣味は何でもお金がかかるので、
今回は本当に久し振りに飲みました。

家では、2年前に買って、去年開けたアイルランドのクリームリキュール「ベイリーズ」が、
恐ろしく低速度で消費されています。
今、思い出したので、後で一寸飲みます。(意気込まないと忘れてしまう)



こんな感じで、私をバーの世界へ誘った友人が、
近く、会社人を辞めて、いよいよバーテンダーの道へ本格的に邁進するそうです。

これだけ深い世界に身を置くために、
かなり勉強もして、よく説明をしてくれるのに、
私が一向に詳しくならないのは何故なんだろう(笑)

ただ、音楽と違って、
好きな味のものだけを突き進んでいるのが、気楽で楽しい現状です。
きっと、もう一歩踏み込んだら、
全てを把握せずにはいられなくなって、
バーテンを目指す彼のように、勉強する事が膨大になるのが予想できます(笑)

でも、全ての事柄は、独立せずに繋がっている、
という視点で、
神話も歴史も言語も文化も、知っていると楽しい。

数年振りに読み返している『盗まれた記憶の博物館』に感化されて、
やはり神話の登場人物はしっかり把握したいと思っているのですが、

仙台ライブの準備も頭から離れず。

結局、告知のようですが、
仙台ライブの会場は、世界カクテルコンテストで3位を受賞した、
有名なバーテンダーの方がいらっしゃるそうです。

カクテルを飲むほど、震災支援に繋がるので、
これはもうライブをしに行く、というよりは、
カクテルを飲みに行く、と考えて緊張を紛らわしたいと思います。


此処まで読んで下さった方、Vielen Dank!!
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆08/25(Fri)@HIYOSHI Nap(日吉)

◆09/27(Wed)@GRAPES KITASANDO(代々木・北参道)

*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (101)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (11)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。