*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

猶予と余裕

何だか難しい立派な本のような今日のタイトルですが、
まさに文字通り。

この金・土・日、と音楽三昧なのは幸せな事として、
反して余裕が無い。

いや、きっと音楽をしている時間は楽しんでしまえると思うけれど、
いつも準備に余裕が持てないのです。

ちょっと、今回は切羽詰って色々重なってしまった……
半分以上、遊びというか趣味の範疇の音楽の話なので、自業自得なのですが(苦笑)


そして、こんな時に普段書かない日記を書いている。

むしろ、こんな時だからこそ書ける。

……現実逃避ですね(笑)


詳細が書けなくて申し訳ないのですが(後日談にでも)
予定だけを覘いたら、とても楽しそうな週末の予定です。(レコーディング、リハーサル、パーカスレッスン、合唱ワークショップ、ケルト音楽祭典、プライベートライブ)

いや、楽しみたいからこそ、準備不足が心を引っ張っているのです。
そして、きっと猶予があっても最後にはこうして切羽詰って現実逃避をしている事だろう。
なので、余裕と猶予は比例して延びる分だけ延びるばかりで、本質は進まない。

だから、普通、猶予(時間)というものは延びない。

私が闘うべき最大のものの一つですね、これは。


……と客観的にのうのうと俯瞰するのはそろそろやめて、
自分の容れモノに返らなくては。


写真は、先週、友人と行った温室。
私の暫定1位の温室です、
と言っていたのですが、今年言った沖縄の熱帯ドリームセンターの規模が素晴らしく、
呆気なく沖縄に心を持っていかれましたが、

家から1時間で行ける、という立地には沖縄も勝てまい。

visit again

鉄塔とか風車とか燈台とか、
人工建造物が好きなのですが、
温室は人工と自然が同居していて、
日本には生きていない植物に囲まれて歩いていると、
箱庭の中に自分が入り込んでしまった感覚になって、
とても楽しいのです。(一種のアトラクションのようなワクワク感がある)

なので、花の名前には疎いのですが、
空間を味わうために、温室へ行きたくなります。

違和感の魅力

あまり、温室でテンション上がる人を見た事がないのですが、
共感まではいかなくとも、解ってくれる人は結構いるんじゃないかと思いますが、どうでしょう?



さてさて、それでは余裕を取り戻すべく足掻きます(苦笑)

それとは関係なく、明日(今日)は、ケルト音楽を堪能して感化されたいと思います*
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆10/22(Sun・昼)@GRAPES KITASANDO(代々木・北参道)
『旅する音楽の午餐会』
【出演】フルハシユミコ・竹内理恵・竹内武 / 深瀬人寛(from 長野) /矢武久実

◆11/25(Sat)@日吉Nap(横浜・日吉)
相原邦弘さんとのユニット出演


*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (105)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (11)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム