*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

【寫眞日記】旅の空から想う場所

長野は想像以上に寒かった……!

という訳で、無事に東京に帰ってきて数日経った訳ですが、

来週の土曜は横浜の日吉にて、楽しみにしていた相原邦弘さんとの共演ライブが控えていたり、
今日もchillfactorの2人と12月のライブの打ち合わせをしたり、と、
中々こちらに更新をしに来る事が出来ずにいました。

長野での2日間は、写真で振り返る事にして、
ヒトマズ、来週の土曜ライブの詳細です。

―★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★―

10/20(Sat)@HIYOSHI Nap

18:00/18:30 Open/Start

【チケット】¥1,500+1Drink
【出演】TAKE IT EASY(@50min)/矢武久実/酒井徳広/相原邦弘(@50min)/夜野苺

〒223-0062
横浜市港北区日吉本町1-4-25-B1
Tel: 045-561-8872(16:00~23:00)

・東急東横線日吉駅から徒歩3分


2年前に、四谷天窓.comfortで共演させて頂いた、
シンガーソングライター相原邦弘さんが拠点の一つとされているライブハウス。
静かに、時に熱く、美しい世界を作り出す相原さんの歌とピアノは必聴です。

都内近郊ライブでは久々のグランドピアノではなく、エレピでの演奏に加え、
箱庭音楽劇場として公演致します。

どうぞ、お楽しみに。

―★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★―



箱庭音楽劇場、と銘打ってライブをやるのは、実はかなり久し振りなので、
なんぞや、と思われる方が大半かと思いますが、
ライブを始めた当初は、フランクなMCを殆どせずに、
一つのステージを物語のように通して行っていました。

自分の中でも進化していっているので、
今回やるものがどんなものになるか、未知な所もありますが、
本来やりたかったライブのカタチに、近づいていけたらと思っています。


ではでは、寫眞日記です。


今回も、朝の9時半には伊那市駅に着いていないといけなかったので、
5時過ぎの電車に乗り込み、3度目の長野鈍行の旅。

信玄餅飴


いきなりの写真が食べ物で何だかもう(笑)

行きの甲府駅で、乗り換えに10数分余裕があり、
いつも此処のキヨスクで朝食を買うのですが、
山梨といえば、信玄餅!

子どもの頃から、あの紫色の巾着パッケージと、手乗りサイズに心惹かれるものがあり、
よく買い強請っていた記憶があります。

(……中身より外見に惹かれてしまう所以は昔からあったという訳だ)


おなじみの物が売っているなぁ、と思いきや、
「信玄飴」でした。(新発売らしい)

いわゆる、きな粉棒のような、
飴と言っても、柔らかさのある、ソフトキャラメルに近い食感。
矢武の好物です。(アピール)

旅の間、ライフライン繋ぎに大活躍して下さり、
帰路では土産用に甲府駅のキヨスクで再購入し、会う人に配っております(笑)


sorairo marche no sora

そして、伊那着。

延期した甲斐あってか、6月に引き続き、空色マルシェに相応しい秋晴れ。
空気はひんやりですが、陽射しはかなりキツく、日陰と日向の温度差が激しかったです。


今回初めましてのタカヨさんに、伊那市から会場まで車で迎えに来て頂き、
全国を自転車で回りつつライブをしている、というとても興味深い話を聞きながら会場へ。

今回、延期の都合で出演者も減ってしまい、
タカヨさん以外はお馴染みの、ふかせひとひろさんと奥山善生さん。

sorairo live

サポートにカホンの水島彩香さんも加わり、3人のセッションからスタート。
森を背景に長閑な雰囲気。


sorairo takayosan

タカヨさん。
東京から伊那に移り住み、今は、時々自転車で全国を回っているという、カッコイイタカヨさん。(憧)
話し易い人柄同様、歌も渋みのあるブルースに温かさがあり、しみじみと聴いてしまいました。


sorairo okuyamasan

今年は、横浜に2度も呼んで下さり、すっかりお馴染みの奥山善生さん。
奥山さんもこの日は、神奈川から5時に家を出て車で伊那に来た組。
やっぱり、伊那は良い!と呟いておられました(笑)


sorairo yatake

時系列を無視して、ライブの模様を一気に紹介していますが、
実際は、それぞれの演奏後、30分毎の休憩があり、
矢武の出番は、日が翳り出した16時頃。

この後書きますが、
それまでに料理の食べ放題や、金太郎飴の実演や、竹馬で遊んでおります(笑)

ライブで鍵盤を叩く指が中々温まらない、というのは久し振りの体験でしたが、
感覚として、夜に向かう世界が合っていると思っているので、
この時間に出番を組んで下さったふかせさんに感謝。


sorairo fukasesan

そんな訳で、本当にお世話になっている、ふかせひとひろさん。
今回も、新しい出会いを有難うございます(と、此処で私信、苦笑)

渋谷の7th FLOORで共演させて頂いてから、丁度2年。
こんな風に繋がりが広がっていくとは、あの時誰が予想出来ただろうか。
本当に有り難いなと思っています。

そんなふかせさんですが、
11/11の日曜日に、7th FLOORで久し振りの2マンランチライブを行うそうです。

と、強引に告知を捻じ込んでみましたが(笑)
これに関しては、また後日お知らせしたいと思います。



という訳で、空色マルシェのイベントの模様を。

sorairo marche 7

会場である、le petit marcheさんは、普段は東欧雑貨を扱うお店&レストラン。
その敷地を利用して、沢山の実店舗やハンドメイド作家さんらの出店で賑わっていました。


sorairo marche 8


ドイツ絵本を扱っていた方のお店が真っ先に目に入り(矢武の特殊機能ドイツアンテナ)
お話させて頂いた所、横浜の日吉から来られたそうで(!)
今度、日吉でライブをするのです、という話で1人で興奮してしまいました。
Napの隣りの本屋さんで働いていらっしゃったそうです。
……何というか、改めて繋がりって凄いですね。

最早、そのループの上を走らされているだけなのかもしれない、
と思えてくるほどのリンク。

そして、そう思えてくると、何だか抜け出してやりたくなる天邪鬼が此処に。
……いやいや、ご縁は大事にしたいものです。
ドイツ語の絵本、素敵だったなぁ。


sorairo marche 4


そして、このイベントの主役と私は思っている、料理の数々。
伊那のお店の方が用意して下さったもので、どれも手が込んでいるものばかり。


sorairo marche 6

sorairo marche 5

kurabeさんは、前回のイベント翌日にお邪魔させて頂いた、生パスタ屋さん。
料理も美味しいですが、私は前回お土産に頂いてしまったカヌレが美味しくて、
今回は改めて購入させて頂きました。
他の焼き菓子も気になる所……。

sorairo marche 3

茅野に新しくお店を出します、という「おいしい家」さんが用意して下さった、ケークサレ(2種)

sorairo marche 2

そして、スコーン。

これら、全て、食べ放題!

sorairo marche

何を取ろうか迷っているタカヨさん。(誰しも迷う所だ)


この他に炭火焼肉と、今回は魚の塩焼きまで!

これで、¥3,000は本当に安いと思います。
タカヨさんも仰ってましたが、

「普通に客として来たい」

私も全く同感です(力説)

sorairo horse

時間のあった方は、馬に乗って山を散策したようです。
これこそ、客として行きたかった……

馬のいる風景、ってそれだけで美しいなぁ。


sora to mori

こちらは、プチマルシェさんが飼っているヤギのさわちゃん。
ふかせさん曰くの、「ハイジみたいな場所」らしい写真です。


日が落ちる少し前にイベントは終了。

早々に片付けをして、関係者の方たちと、前回同様、火を囲んで静かな打ち上げ。
前回も何食わぬ顔で、伊那を拠点とされる素敵な方達の話に
「ふんふん」と参加してしまっている矢武がいる理由は、
プチマルシェさんに泊めて頂くからであります。


前回は深夜まで割と元気だった筈なのですが、
今回は21時で電池切れ。(何とも健康的)

早々に寝床へ退散させて頂きました。






next morning

そして翌朝。


battle

ポニーのメイちゃんと、犬のちゃーちゃんとの攻防を見遣る。


aki no sakura 2

爽やかな朝の空気。


aki no sakura 3


旅の空にいて、旅に出たくなる衝動。
やはり、遠征と旅と旅行は私にとってはベツモノです。

しかし、今は何より制作がしたい自分がおりました。
私が今いる場所は、東京なのだと改めて思いつつ。




予想以上に今回長いですね……
あと暫し、お付き合いを!

プチマルシェさんを後にして、
ふかせさんの音楽番組収録を見学させて頂くため、諏訪へ。

諏訪は丁度1年前にライブをさせて頂いた以来、3度目です。
(1回目は、去年6月に初めて伊那に行った帰り、オルゴール博物館に寄り道しました)

諏訪にあるケーブルテレビ局、LCVさんへ潜入。
(人生初のテレビ局入りの為、テンションがオカシイ事に)


LCV hikae

ライブもそうですが、出演しない側の時の気楽さといったら……
控え室の綺麗さにシャッターを押してしまう位の気楽さ。


打ち合わせの後、間もなく撮影開始。
レコーディングも何でもそうですが、時間と集中力との勝負。


TV studio


この緊張感、プロのレコーディング現場に初めて入らせて貰った時を思い出しました。

studio in

全6曲を、リハと合わせて休みなく進んでいく撮影。
緊張感もあるのですが、
レコーディングスタジオと一緒で、
副調整室(サブ)は割と和やかで、
撮影しているフロアとの温度差が、とても見ていて心地良い風景でした。(気楽)


recording

ふかせさん、お疲れ様!




そんな感じの長野遠征でした。(長かった……)
ここまで読んで頂きDanke!です。


これで、来週の日吉ライブの準備に集中出来そうです。
今回、映像は使えないので、こちらの試みはまた次の機会に。

この春、訳ありにしてしまった曲達も、
此処へ来てようやく歌えそうな風の流れ。

カタチとなって歌えたとき、澱みが昇華されたらと、願っていました。
そして、恐らくこの先も願う曲達です。


お時間ある方、是非、お待ちしております*


スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆07/06(Thu)@GRAPES KITASANDO(代々木・北参道)

◆08/25(Fri)@HIYOSHI Nap(日吉)


*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (99)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (11)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。