*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

さきゆくはな

      桜の如き
       

一昨日、近所のスタジオ練習の帰りに、毎年恒例の梅見へ。

近所の天満宮に古くから小さな梅園があり、
ここ数年カメラを片手に楽しませて貰っています。

花見というと、桜と比較してしまうのですが、
私が棲んでいる町でも、毎年桜を見に来る人達で大層賑わいます。

もしかしたら毎年この時期に呟いているかもしれませんが、
吉野の桜は少し苦手。

正確には、花見の空気が苦手で、
花見=桜=染井吉野
という恐らく一般的な公式です。

桜の樹が日本人に好まれ、あらゆる場所に植えられ、
春の象徴となっただけで、
これが梅だったら、やはり自分は梅が苦手になっていたのだろうか、
と考えてみたり。


桜の花は、美しい。
それを楽しむ人の心も無くなって欲しくない。
とはいえ、
あのこんもり満開に花開いた桜の群れと花待ち人は、
圧巻であると同時に満腹に感じてしまう。

自分の目には眩しすぎて、何だか居た堪れない気持ちに心がざわついてしまうんですね。

ここ数年は昔ほどそんな気分にも苛まれなくて、
やっと自分も大人になってきたか(苦笑)と思っているのですが。


兎に角、
そんな気持ちがある所為か、
はたまた桜にばかり心を寄せていた事にようやく気付いたのか、

近年は「梅を見に行く」事を恒例にしています。



       haru no iro

今年は例年より遅い、と聞いてはいましたが、
2月末に見ごろのはずの梅も、
一昨日の3/6の時点でまだ、7分咲きほど。

梅の樹は高さが低い所が良いなぁと思います。

手が届く所に花が咲いていて、
その香りを存分に楽しむ事も出来る。

花に囲まれて歩いていると、
守られているような親近感。

      白梅





これも毎年恒例で、境内で飼われているニワトリ様たち。
ヒトに慣れ過ぎていて、絶対にカメラ目線で写ってくれます(笑)
20秒ほど、カメラ越しに見つめ合い……。

以前はカメラを向けただけで群で襲来してきました。

      交信中




梅にも種類が沢山あって、咲き頃も異なり奥が深いですね。
紅梅と白梅が隣接していると、空の中で混ざり合ってとても綺麗。

      これぞ紅白

今回はまだ白梅が蕾と半々。





      紅梅

こちらは花びらが面白い。
品種が全然判りません(非道)


梅を観に来る人の数も疎らで、何とも贅沢でした。


      咲く花 咲き行く花






恒例とは言ったものの、去年はそんな事も忘れていたのかもしれない。

何だかとても遠い夢の中の景色のようだけど、
最後に見た空虚と歌えない心がいつまでも生々しい。

もう1年経った

とは言えない長さがあったと思う。
けれど、この1年で進めた事はそれに及ばないとも思う。
その限り、伝えられる事もない。


なので、今やっているレコーディングを一つの区切りに。
完成した時にやっと、「進めた」と想える気がするのです。




振り返ると一寸落ち気味ですが、基本的に日常は暢気なものです。

長友の怪我に落ち込んだり。(注:サッカーの話です。)
近賀さんのいないなでしこにも心は遠退いてしまうし。(注:サッカーの話です。)
↑大好きな2大選手が揃って怪我療養中

……と、これも落ちてしまう話題だ(涙)

とはいえ、ピッチで勇姿を見せてくれる選手は、
怪我でもどんな状況でも、今の1分も努力しているのだと思わせてくれます。

動くのみ。


という訳で、心は月曜のライブへ。

今回の初の試みは、かねてからやってみたかった事で。
スクリーンのあるライブハウスでしか出来ない事なので、楽しみです。

明日(日付変わって今日)は、宮城の銘菓を買う為だけに池袋へ。
(ナマモノなので、帰りに寄り道が出来ないのです)

売っている事を……願うのですが……(危うい商品)
もしライブ当日のカウンターに、萩の月なり笹かまなり、馴染みのものが並んでいたら、

「駄目だったんだな」

と笑ってください(笑)
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆07/06(Thu)@GRAPES KITASANDO(代々木・北参道)

◆08/25(Fri)@HIYOSHI Nap(日吉)


*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (99)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (11)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。