*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

12/29 今の思いを込めた45分間を。

DSCN0432.jpg

近影。
先週の音楽友人達との散歩にて勝手に自由行動をする協調性のないワタクシ。
(相変わらず真っ黒で闇と同化していますが当人です)





ようやくCDが完成して1ヶ月。
12月は、その後の制作に追われながら、
少しずつ今年の制作期間に控えていたやりたい物事を解禁したりして、
あっという間の歌い納めライブが明後日(日付も変わりもう明日)。



今年は、都内のライブはGRAPES KITASANDOさん1本に絞りました。

本来は、昨年から引き続き
【CDが出来なければ基本的にライブをしない】
心持ちであったのが正直なところであったゆえです。

振り返ってみると、今年の歌い始めは5月。半年振り。初の会場GRAPES。
2016年はほぼ後半のみの活動でした。

前半は、ここのブログもほぼ放置、というか書いたけど消したり下書きで終わる、という事が数度。
外の世界より内の世界を見つめて、すっかり発信してはいけない者になっていました。



3月の誕生日、中学生の頃から尊敬しているジブリのアニメーター、
故・近藤喜文さんが生前通っていたという喫茶店へ初めて行きました。

(東京に引っ越して10数年、近藤さんが住み、画集に残した町は、
行こうと思えばすぐに行けるほどの近さでした。
とっておきだから、簡単に叶えたくなくて、とっておいた。)

4月、宮城・石巻で開催されていた近藤喜文展に一人で小旅行に出ました。
とっておき、という魔法を使わなければ乗り越えられないような、情況でした。


そして5月、230分をかけて列に並び、伊藤若冲の絵と対峙。
極論であろうと、そんな情況の自分が心から共感し対話できる唯一の人物でした。
江戸時代を生きた人の作品に、掬われ、正され、励まされ、
この心の行き先を突き詰めるほど、出てくる結論は崇高に残酷なもので、

何にせよ、CDを完成させなければ、何処へも行けない、

という事だけは明確な最優先事項でした。





もうこの世にはいない人から聴こえる音楽に、
呼ばれ導かれ、

居場所は、生きるべき世界は……





明日、2年振りに『スノードーム』という曲を歌います。

その時の教会ライブも、1年振りの演奏(稀なピアノ弾き語り)だったので、
ほぼ3年はまともに歌っていないことになるのですが、
自分の中で軽々しく歌えるものではなく、
心を消耗してしまう曲でもあり、
2013年のレコ発を最後に、歌い尽くして疲れてしまったというのが正直なところでした。
そして何より私はこの曲絡みで2度もステージで泣き顔を曝してしまっているので(苦笑)
そんな恐怖も少し植えつけてしまって、曲には申し訳なくも封印して今日に到っています。



年内の歌い納めにずっしりしっとりしすぎじゃないか、と危惧しつつも、
真摯に、今一人で自分が歌えること、そしてこれからの景色を見つめたライブにしたいと思います。


ご来場、お待ちしております。




==========================

2016/12/29(Thu)@GRAPES KITASANDO(北参道・代々木)

『GRAPES KITASANDO presents *Twinkle Gift*』

◆18:30 Open / 19:00 Start
◆【出演】碧井愛莉 / 北村瞳 / 矢武久実(19:55~)
◆【Charge】¥2,500 (+1ドリンク&1スナック¥1,000)


2016年最後のライブは、延期していた1st full album『das älteste librarium -最古の図書館-』も物販に揃え、
賑やかにお送りします。今年一年の思い込めて。どうぞお楽しみに。

*GRAPES KITASANDO
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-3-11 ニューベリー千駄ヶ谷1F
・Tell / Fax:03-6447-0160 / 03-6447-0161
・営業時間 LUNCH 11:30~16:00(L.O.) / DINNER & LIVE 18:00~21:00(L.O.) / BAR 21:00~MIDNIGHT


========================






さて、後半はテンションを上げてのグッズ紹介です!



DSCN0436mini.jpg

そして先日から少しずつお渡ししている、【9/30レコ発ライブ来場特典セット】(適当に命名。※CDは付きません(笑))
ご来場下さった方のみに配布しております。

ライブが終わってから、そのライブのフライヤーを作る、という事を初めてやりました……

これまで、私がライブハウスで「これがスタート」と決めた2010年のライブから、
一度も欠かさずフライヤーを作ってきたというのに、
此処へ来て、しかも初めての自主企画レコ発に何も用意できなかったという不甲斐無さ。

レコ発前の、あの毎日PCと向き合いながら朝日を迎えた日々はちょっとまだ振り返りたくありません(苦笑、自業自得である)

予約特典、という名目で、
小冊子『雨森珈琲のオレグラッセ』というお話を書きました。

こちらは、序章という扱いで、本編は来年、豆本化を予定しています。
豆本第二弾なので、第一弾よりスキルアップしたものを作らねばと画策中。
オレグラッセとは、レコ発ライブで会場のGRAPESさんが当日コラボドリンクとして出して頂いたアレンジ珈琲です。

振り返るだに、あの日にこの諸々が揃っていなければ意味がないのにと思いつつ。。。






そしてもう一つの特典がこちら!(写真・左)

DSCN0449.jpg

レコ発関連商品、
箱庭音楽劇場×日本郵便のコラボによる、
箱庭豆CD『das älteste librarium -最古の図書館- 』(来年1月、通常発売予定。※実際の音楽CDは収録されません)
の先行販売を12月29日より、HP・ライブ物販にて承ります。


こちら、初回数量に限りがあるので、
先ずは、レコ発にいらっしゃった方向けに先行販売をしたいと思っています。

(ただ、明日のライブにいらっしゃった方にも、
その上で数に余裕がありましたらお手に取って頂きたいなとも思いますので、
物販にてお声掛けください。とひっそり宣伝)


通常販売は、年明け以降、こちらでお知らせします。




CDじゃないのに、箱庭豆CDって一体、
と思われていることと思いますが、

写真で伝わるでしょうか、

DSCN0434.jpg

小さいものが好きという観点と、転勤族ゆえの文通族ゆえ、
学生時代、切手の世界にハマりまして、

目白の切手博物館にも何度か行っているのですが、


この度

ずっと念願であった、「日本郵便」さんと夢のコラボ!(自己満足が物凄いですね(笑))
CDジャケットを切手にして頂きました。実用出来る本物です。



DSCN0450mini.jpg

今回の新アルバムをなるべくそのままミニチュアで再現したジャケットに、
52円切手(シールタイプ1枚)が封入されています。

見た目は小さいCDジャケットなので、
【箱庭豆本】に続き、【箱庭豆CD】という名目。です。




DSCN0451.jpg

こんな感じで入っています。

自己満足を突き詰め己の首を絞めた結果、
正直とても面倒な作りになってしまったので、
初回20個限定としました。

皆様の反応を伺いつつ、今後の展開は考えていこうと思っております。






……と、音楽以外の制作も盛り上げつつ、

年内最後のライブ、45分間、心を込めてお届けします。
年末の慌ただしい中ではありますが、お時間ありましたら是非。お待ちしております*


スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆07/06(Thu)@GRAPES KITASANDO(代々木・北参道)

◆08/25(Fri)@HIYOSHI Nap(日吉)


*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (99)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (11)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。