*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

飛行日和

今日は飛行日和だなぁ、と思いながら、
春と夏の雲が入り混じった空の下、自転車を走らせて昼間に帰宅。
 
間もなく、突然のスコール!

通り雨と言うには、容赦ない降り様でしたが、
家の中から眺めていたので、悠々としたものです。


じわじわと夏がやってきていますが、
どうやら、今年は冷夏の予報。

既に春の内から、夏日を迎えたり、翌日には気温が急降下したり……と
季節は混乱気味ですが、
植物、食べ物、文化などから、季節を感じる心掛けを大切にしたいと思う今日この頃。



さてさて。
今回は、寫眞日記を。

2週間ほど前に、鎌倉に行ってきました。
割と忙しく移動していたので、写真は少なめ&ミスショット多し、で残念です。
一眼レフが空から降ってこないだろうか……(キャッチする自信あり)


先ずは、竹林で有名な報国寺へ。

Houkokuji
苔。

苔が好きです。
箱庭音楽劇場案内人としましては、
盆栽も箱庭世界、とても惹かれます。

緑と黒のコントラスト。
光射す 明るい林も良いですが、
深緑鬱蒼とした森は、よりファンタジックな世界へ行ける気がします。





Houkokuji2
珍しく、「此処に行ってきました」という事が判る写真。
いつも、小さな世界ばかり切り取ってしまうので、
何処で撮った写真なのか、撮影当人以外判らないものが多い、と反省。
思い出写真を撮るのが下手です。





Bamboo Forest
春先の数週間、「たけのこの里」ブームが来ていたのは、此処へ来る為?
たまに「矢竹さん」と間違われるので、
否応にもBambooには親しみが。





BambooForest2
上の写真は竹林の中から。
こちらは外から。





報国寺には、竹林を眺めながらお茶が飲める茶席があります。
Tea
落雁がピンボケしていますが、
竹の形をしていてとても可愛い。

実は、撮影前に、興奮してお茶を溢し、
自分の分の落雁が溶けてしまうという失態。
撮影魂が燃えている時は、被写体以外、目に入りません。(酷)

こちらの茶席は、回転率が高く、
程良く混雑していたので、サクッと移動。




Window
報国寺近くの、旧華頂宮邸。

普段は、フランス式庭園のみの開放で、
月に2回だけ、邸宅の観覧が出来るそうです。

洋館好きとしては、中に入れず残念でしたが、
せめて窓から中を覗く事に没頭。(怪)

個人的には、フォーカスが健闘出来て、気に入った窓写真です。




江ノ電、和田塚駅の線路を跨いで門を構える、無心庵。
Mushinan
この日は、座敷ではなく奥の洋間に通されました。

甘味は苦手ではないのですが、大抵許容量オーバーで、
食べるのに時間がかかってしまう。

窓のすぐ向こうで、江ノ電が行き来しているので、
何本通ったかで、大体の滞在時間が測れるのですが、
何はともあれ、完食するのに真剣です。




間もなく、シーズンがやってくる紫陽花で有名な、長谷寺。
Wisteria
藤が綺麗でした。

しまった、寺を撮っていない。
長谷寺は、藤のみです。


そういえば、鎌倉駅付近では、
コンフィチュールで有名な、菓子作家のいがらしろみさんの店へ行きました。
ジャムと水で割る苺ジュースを購入。
丁寧に梱包して貰い、シンプルな紙袋にも結び方に一工夫。
勉強になります。

そして、通りがかりに見つけた、蜂蜜屋がまた素敵でした。
恐らく、店の裏で養蜂されていて、蜂蜜の種類も豊富。
ドイツで言う所のマイスター(職人)のような、初老の主人と、
気品漂う優しそうな奥様の求心力により、真っ先に入店。

珍しい珈琲蜂蜜が、当然のように並んでいて、密かに大興奮。
しかも安価で驚きました。
珈琲の花の蜜は、季節限定で多くは販売されず、
東京でも蜂蜜売り場を見かけたら、探していたのですが、
これまで、阿佐ヶ谷の自然食品店で、最後の1個を見つけたのみ、という戦績。

以前の日記で書いた、オレ・グラッセという珈琲を作る時など、
珈琲には珈琲の蜂蜜がやはり合うようです。
この蜂蜜屋の相場を知ってしまったので、
もう他の店では買えない気も……。




Enoshima Beach
そして、最後に江の島海岸。

この日は、強風で海も荒れていましたが、
休日だったので、沢山の波乗りがいました。




like a desert
砂漠のような砂浜。



Das Himmelsmeer
ラストショット。空ノ海ノ中。




思ったより、長くなってしまいました。
最後まで読んで頂き、有難うございます。
ブログページとPCの相性が悪いのか、
作成中、何度もフリーズ・再起動の繰り返し。

……寫眞日記は、時間がある時に、程良い長さで書く事にします。

Bis dann!
このページのトップへ

コメント

私も行きました!

「無心庵」。GWに行きました。
ここもそうですが、「線路をこえるところにある店」というシチュエーションに毎回感動します。スタンドバイミーみたいじゃないですか?
なので江ノ電は素晴らしいなと改めて思ったしだいであります。
鎌倉は中学生の頃から遠足や遊びで何回も行っているのに、毎回新鮮で楽しい街です。

  • 2010/05/28(金) 20:47:21 |
  • URL |
  • 柊 #-
  • [編集]

Re:

コメント、Dankeです!

GWの江ノ電は大変な事になる、と聴いているので、
無心庵も入るまでに時間がかかりそうですね。

割と海外の線路は、日本よりもフリーダムな気がします。
改札も無かったり、線路の為の柵なども無かったり。

スタンドバイミー、解ります。
廃線になって、途中で線路が尽きていたりすると、ストーリーを感じずにはいられません(苦笑)

近年、2年毎のペースで鎌倉に行っていますが、
個人経営の新しい店が増えている気がします。

心なしか、ドイツパン屋やドイツ料理店が多い気がしたけれど、
愛故の盲目でしょうか(笑)

  • 2010/05/28(金) 22:52:19 |
  • URL |
  • yatakekumi #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yatakekumi.blog82.fc2.com/tb.php/15-c3b018c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆08/25(Fri)@HIYOSHI Nap(日吉)

◆09/27(Wed)@GRAPES KITASANDO(代々木・北参道)

*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (101)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (11)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム