*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

やなせたかしと「詩とメルヘン」

      1381853188660.jpg

「詩とメルヘン」という雑誌があった。
1973年~2003年まで月刊で発行されていた。

高校1年の丁度今頃、偶然本屋で出逢い、
美しい表紙と大胆なタイトル(高校生の時分にはそう感じた)に目を奪われて、
何か、不思議な生きものを発見してしまった気分だった。

と同時に、扉を開けてみれば描かれた物語性のあるイラスト達と、研がれた言葉の饗宴に、
秘密の隠れ家を見つけたような気分になった。

何となく、知りうる限りの友人や大人達とは共有出来ない気がして、
こっそり一人でこの独特の創作世界に足を踏み入れた。

恐らく、今、初めて口外している。


掲載されている詩はほとんどが一般公募されたもの。
その詩に今では名だたるイラストレーター達が絵を付けた。

投稿されるそのすべてを、あのアンパンマンのやなせたかしさんが選別し、この雑誌の質を保っていた。
叙情性のある表紙も毎月やなせさんが描かれていた。
何も知らなかった頃は、
投稿された作品への厳しいコメントに、アンパンマンの作者とのギャップを感じてもいたけれど、
そんな表現への厳しい姿勢があった人だからこそ、
長い闘病を傍らにしても、生きている内はずっと表現していたのだと解る。

そして、彼の創作上の美学からくる厳しいコメントは、
少なからず私の拙詩の創作に影響している。(歌詞ではなく詩)

掲載されるものの中には、自分とははまらないものや、好みでないものもあった。
それでも時間が経って、思い出した頃に開いてみると、
響く言葉がある事に気付く。
そして自分の変化に気付く。

共通していたことは、
そこには、繊細な感覚で世界を見、日常を生きている人達が現実にいるという事実。

世界の狭い高校生にもそうして教えてくれたこの雑誌から与えられたものは大きい。


この雑誌で、沢山の詩人とイラストレーターに出逢え、
彼等の個展や作品館に出掛け、そこから更に枝分かれしていった出逢いは、
本当にかけがえのない宝物。

そのすべてが、やなせさんから与えられたと思っている。

「詩とメルヘン」が休刊後、
2007年に「詩とファンタジー」と銘打った季刊誌で復刊。
やなせさんの時代を切る言葉遣いや温かい心は健在だった。

相変わらず、病室からイベントホールへ直行して、更には歌を歌われたりしていたようで、
この方の生命力は一体何なのだろう、
と静観する暇があったら創造しなさい、と怒られそうな位、自分の姿勢を省みる存在になっていた。

しかし、これらの雑誌とは2008年を最後に私は遠退いた。
「詩とメルヘン」が休刊した時は落ち込んだりもしていたのに、
本屋で見かけても、後ろ髪を引かれても、手は伸びなかった。

それから今に至るまで、
本屋で「詩とファンタジー」を見かけては、やなせさんはまだ元気だ、
と生存確認をするだけの媒体になった。

多分、
与えられたこれまでの雑誌達を未だに吸収しきれていない満腹感があるから、
私は離れたのだと思う。
そしてそれを越えた時また帰ってこようなどと、安易な未来を予想していたりもした。



今日(昨日)の午後、出先の電車内で訃報を知った。
訃報の文字を見て、一瞬驚き、でもそうだよな、と飲み込む。
別れはいつも味気ない。遠い人なら尚更。

そう思った矢先、
丁度聴いていた、生まれたばかりのまだ支離滅裂な自分の歌の歌詞に、
泣きそうになってしまった。

初めて雑誌を手に取ったあの時を思い出す。

遠い人なんかじゃなかった。
私が忘れていただけだった。




やなせさん 有難う。





私は歌で返す。


      1381853205025.jpg



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yatakekumi.blog82.fc2.com/tb.php/152-03c3edd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆11/25(Sat)@日吉Nap(横浜・日吉)
相原邦弘さんとのユニット出演


*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (107)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (12)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム