*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

日吉Nap Live 有難うございました

1458421_621920271187809_75363975_n.jpg

23,11,13@日吉Nap

有難うございました。
色々な媒体から応援して下さった、全ての方に感謝しています。



今回、冒頭の写真含め、自分で撮った写真は無いのですが、
また沢山撮って頂いたので、それをご紹介します。
Mさん、Oさん、有難うございます*






995871_621920144521155_587727662_n.jpg

素敵な共演の皆さんでした*










1466163_446726318767218_1169992955_n.jpg

CD収録曲を順通りに。


Setlist

1,Yu sontie-Prelude-
2,Legend(CD#1)
3,water waltz(CD#2)
4,灰色MÄRCHEN(CD#3)
5,夕陽(Song of Kunihiro Aihara)
6,オルガニート・詩『Silver Lining』
7,Silver Lining(CD#4)
8,スノードーム(CD#5)
9,はじまりの唄


1曲目のYu sontieは、今年ライブで少しずつ育てていた稀な曲ですが、
実は今回、この曲の全貌を是非お聞かせしたかったのです。

……ですが、自分で言うのも難なのですが、
思った以上に大曲に(色んな意味で)なってしまい、尺が…(苦笑)
セットリストを考えると、一曲目にしか入れられそうになかったので、
今回はPreludeという事になりました。


今度の長野ライブから歌いたいと思っています。

何というか、久しぶりに手応えのある曲になりました。
同時にとっても消耗する(唄もピアノも)ので、
反動の静かな曲も恐らく一緒に発表すると思います。


東京では、来年になってしまいますが、(1/31に天窓.comfortで3マンライブが決定しています。)
聴いて頂けたら嬉しいです。











negaio2.jpg

今回の挑戦 1。

生歌。


アカペラはずっとやってみたかったのですが、
ライブを始めた当初に言われた、
声量が無い、という事を未だに引きずっていて(当初は特にご尤もでした)

自分でも自分の声の特性を考えると、どうかな、
と思いつつ憧れていたものでした。
(オペラやミュージカルを考えたら、歌い手としては物凄いレベルの低い事を言っているな)


少し前の天窓ライブあたりから、
あの空間からスタートするなら、出来るかもと、機会を窺っていた折、

今回の相原さんからのお誘いで叶いました。











negai2neu.jpg


という訳で、このブログに初登場、相原邦弘さんです。


今年、間違いなく最多共演なのですが、
共演の方と写真を撮る、という癖が未だに付けられず、
(元々やっぱり写真は撮るのが好きなので)

これまでで共演の方と写真が撮れていたケースの大半は、
相手の方から撮りませんか、と言って頂いた時です(そして、ハッと気付く)




今回、風邪の悪化で一時出演が危ぶまれた相原さんでしたが、
何とか出演に漕ぎ着けて下さり、
少しでもサポートになるのなら、という事で声をかけて頂き、ステージにお邪魔しました。

CDの完成、おめでとうございます!




negaio7neu.jpg


挑戦 2。

ピアノを弾いて貰う。


この場合、相原さんの曲なので、歌わせて貰う、が正しい。

『願い』という曲を。
初めて聴いた時に、歌詞の中で自分を垣間見る部分があり、とても共感していた唄でした。
Youtubeにちょっと前の相原さんライブ映像が上げられているので、
オリジナルが気になる方は是非ご覧ください。


人のサポートで弾く、という事は、
小学生の頃から伴奏等やっていたので自然の事でしたが、
その逆、というのは恐らく初めて。

そもそも、ピアノ弾きの人と同じステージに立ったのが初めてでした。


リハの一度だけの合わせで本番だったので、
私、恐らくこの時が一番集中していたと思います(苦笑)
相原さんも本番で上手く合わせて下さり、
結果どっちがサポートしているんだかという感覚になりましたが、
とても良い経験になりました。



この日、初めて私のライブを観てくださった方に、
演奏は誰かにやって貰って、歌に専念した方がもっと凄い事になるんじゃないか、
と言って頂き、新鮮に嬉しく受け止めていました。

歌好きですよね、
とも面と向かって初めて言われて、
感覚的だけど、凄く核心突かれているな、と。

勿論好きじゃなきゃやっていない訳ですが、
私はそれを表出しているような表現が少ないと思っていたので、
そう見て頂けたのが、物凄く嬉しかったです。






995262_446726528767197_643160255_n.jpg


余談。

この写真で着ている黒いレースは母の手編み。
私に、という訳では当初なかったようですが最近貰ったので、着てみました、
と本人にまだ言っていない。





演奏中、

相原さんコラボが一番集中した、と前述しましたが、
自分のライブは、冷静と浮遊をさ迷い、
終了時は足元がふらついていました。

自分としてはいつもと同じ精神だったと思うのですが、
それだけに不思議。

ライブ中の何処かで魂を落としてきたんじゃなかろうか。


今は取り戻したので大丈夫です(笑)



そして、新しい船出へ。








1470198_446725608767289_264623897_n.jpg

ありがとうございました!



次は、12/13@長野。
今年最後のグランドピアノ弾き語り。

オケが使えないライブハウスだそうなので、
真にピアノと向き合ってお届けしたいと思います。

このページのトップへ

コメント

得した気分

 矢武さんのセッションだけでなく、相原さんの
セッションでも登場されたので、その分たくさん
矢武さんの歌声に包まれることができて、幸せ
たっぷりのMでございます。
 ご自分のセッションに、矢武さんを登場させて
くださった相原さんにも、感謝感激です。

 音楽って何だろうと考える時、最終的には
コミュニケーションだと思うのです。歌い手が
伝えたい思いを、聴き手が受け取る。単に
歌い手から聴き手への一方通行だけじゃなくて
ある人は拍手で、ある人は涙で、その気持ちを
ステージの歌い手に返す。

 そのコミュニケーションは共演者同士でも
成り立つと思います。相手の歌を歌うことで、
一緒に演奏することで、お互いがどこかで
つながるのかなと思うのです。
 その意味で、素敵なステージだったのだと思います。

 今回は、客席でも撮影コラボが人知れずに
行なわれましたね(笑)。矢武さん(そして、
相原さん)を軸にいろんなコラボが行われている。
 素敵なことだと思いました。

 私は、矢武さんの今の声、とても好きですよ。
音楽家の世界から見ると、声量が気になるのかも
しれませんが、私はマイクとアンプでカバー
できるのだと思います。無理に声を出して、
歌声が変わるより、矢武さんが表現したい
歌声を出して、あとは音響でカバーしても
いいのではないかと思いました。

 浮遊感は治まりましたか?私は2ndアルバム
を聴きながら、未だにふわふわした世界を漂っています。
ちなみに、5回くらい、全曲を通して聴きました。
Legendとスノードームは、その2倍くらいの数を
単独で聴いています。

 素敵なアルバム、ありがとうございました。

  • 2013/11/30(土) 20:44:19 |
  • URL |
  • M #RShMWp3I
  • [編集]

Re:

こちらにも感想有難うございます。

意外と早い内にライブ録音を聴き返す事が出来たので、
自分のライブに関しては区切りが付いていますが、
相原さんの『Legend』がまだ時々回っていたりして、流石と思いつつ、
曲作りを再開しています。

CDも何度も通して聴いて下さり、有難うございます*
リピートする曲は人によって変わってくるのが面白い所で、
特に今回のCDは割れるんじゃないかな、と他の方の感想を聞くのが楽しみです。

あっという間の11月でしたが、それ以上に早く12月は過ぎていきそうなので、
年内の残りのライブへ向けて準備をしたいと思います。

  • 2013/12/03(火) 01:18:01 |
  • URL |
  • yatakekumi #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yatakekumi.blog82.fc2.com/tb.php/157-a0fa85b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆08/25(Fri)@HIYOSHI Nap(日吉)

◆09/27(Wed)@GRAPES KITASANDO(代々木・北参道)

*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (101)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (11)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム