*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

3年目の長野 の話

先週の長野遠征の話の前に、告知を。

あっという間に、今年最後のライブです。
最後ですが、いつもとは違うテイストのライブで、オリジナルも少なめ。
代わりに、皆さんと美味しい料理と共に楽しい一夜を過ごせたらなぁと思っています。

……オリジナルが少なめ、
というのは、つまりカヴァーが多い訳ですが、
楽しているようで、この方が私にとっては、ハードルが高い。(ので、あまりカヴァーはしない)

ですが、今回はこんな方針なのです、という訳で今年最後のchillfactorです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

12/23(Mon)@Bali cafe Monkey Forest(渋谷)

『モンキー"de" chillfacor LIVE!』

18:00 Open/ 19:00 Start
【前売】¥1.800【当日】¥2.500
【出演】chillfactor<野口鉄平・水口満美・矢武久実>

※ミュージックチャージは食事代等まとめて、後払いになります。


初の会場、Monkey Forestでのバリ料理と共に、
chillfactor3人のオリジナル曲や、クリスマスカヴァーをアコースティックにお届けする一夜。
この日のライブをもって、暫しchillfactorライブは休止致します。
皆様に楽しんで頂けるような企画をご用意してお待ちしておりますので、是非足をお運びください。

◆Bali cafe Monkey Forest
〒150-0031 渋谷区桜ヶ丘 10-8
TEL 03-3464-4633


質問・ご予約はこちらのメールアドレスへ
info@chillfactorweb.com

または、矢武のHPからどうぞ。
http://yatakekumi.web.fc2.com/maildir/mailframe.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


会場であるMonkey Forestの話を数人にした所、
ランチをしに行った事があるよ、という声を幾つか頂き、バリ料理屋さんとしても有名なのかなと感じております。
(私はアジア料理にはとても疎いので、全く判らないのですが)

今回、ライブは21時頃に終了しますが、お店は23時までやっております。
終演後、自己打ち上げでもして料理を堪能しようかと思っていますので、
お時間ある方は、ライブ後もゆっくりされてくださいね。

告知文にも書いてありますが、chillfactorとしてのライブはこの日をもって、暫くお休みになります。
暫く、
というのが、数ヶ月なのかどの位なのかは判りませんが、
ひとまず一区切り、です。

そんな気持ちも込めて、楽しいライブを。
ハードルの高いカヴァーに翻弄されている矢武もお楽しみください。




そんな訳で。

……ここから、長野の濃い3日間の事を書けるだろうか。

……書けたとして、どれだけの人がついてきてくれるだろうか。

人によっては、3日かけて読みました、
と、以前言われた事もあったので、
読む人の忍耐を強いるブログも中々ないのでは、と思いつつ、やっぱり向上していない訳ですが。
(と、書きながら、ここで皆さんの耐性を確認し、人によっては退散して頂き(笑))

なるべく、写真で追っていきます。

今回、ライブ翌&翌々日は撮影、という名目で長野や山梨を移動していた訳ですが、
私が撮った写真を見ると、完全に観光してますね(笑)

今、私がプロフィール等で公に使っている写真の殆どが、
長野在住のカメラマンさんに撮って頂いたもので、
今回も3日間、この方に撮影から移動から何までお世話になりました。

天候や時の悪戯もあって、今回はあまり撮影に時間をかけられませんでしたが、
前回と同じように標高1000m級の場所で、
前回と同じように風と寒さに闘いながら(+今回は雪)
短時間集中で良いものが撮れていたら良いなぁと思います。


そんな訳で、振り返り。



neu1141.jpg

乗り換えの小淵沢で、初雪。
空は晴れているけれど、雪が舞っていた。



長野ライブは2011年から伊那市を中心に始まり、
伊那以外では諏訪、そして今回初の岡谷と少しずつ広がっています。

何故伊那なのか、そもそも何故長野なのか。
最近、出身が長野なのですか?
とついに訊かれるようになりました(苦笑)が、

長野へのすべての繋がりの始まりは、
ふかせひとひろさん、です。

もうふかせさんの話をするとまた長くなってしまうので、
とにかくふかせさんありがとう、と(笑)

因みに、FM長野のふかせさんの番組、私が伊那に丁度いた先週、50回目の記念番組でした。
もうふかせさんとも1年ライブ共演していないので、
ふかせさんがどんな方か興味ある方は、是非ラジオアプリやyoutubeで聴いてみてくださいね。

★ふかせひとひろ「くつろぎのおと」第50回★
http://www.youtube.com/watch?v=E9rThDquI1c&feature=youtu.be



neu1142.jpg



岡谷も雪と風。

入り時間まで、駅前の何処かでお茶を。
と思ったのですが、覚悟していたものの店がない……。





neuIMG_20131213_152430.jpg


駅前のビルに入っていた、古きよき軽食屋さんにて一瞬で出て来たホットケーキ。
(一瞬で出て来た、という所に味の想像をお任せいたします^ ^;)

いつものライブ前の緊張と落ち着きの入り混じる不思議な時間。







neu1143.jpg


今回の会場、Five Pennies.

半円形の素敵な会場。
生声ライブが一番良さそう、と感じた。








neuIMG_20131213_180045.jpg



守り神※からの視界。(後ほど説明)









neuIMG_20131217_124629.jpg


ヴェネチアの仮面?が会場を囲むように掛かっており、これも素敵だった。
ちゃんとした仮面は買おうと思うと結構な値段なのです(買おうと思ったらしい)

サーカスに憧れた事がある人には、経験があるんじゃないだろうか。(そうなのか)










neu1477973_453864181386765_1585826095_n.jpg


撮影Oさん、有難うございます*

45分、出たばかりのCDの曲をやはり聴いて頂きたかったので、
先日の日吉レコ発ライブと結局似たような選曲になりました。

1枚目にも2枚目にも入っていない最近の曲『僕達の小さな惑星』に好評頂き、
これは次作にご期待ください、と公言(笑)










neu1489284_453864338053416_237789722_n.jpg



オルガニート二度目の里帰り(オルゴールメーカー、サンキョーのある諏訪がこの方の故郷なので)
MCにて、見事にサンキョーさんを語る。
回し者でも何でもない私の一方的な愛で、お客さんにまでサンキョーの応援を強いる。

最近の安いオルゴールは中国製が殆どです。
もし、プレゼントなどにオルゴールを検討の方は、折角なのでMade in Japanを。音が全然違います。







neuIMG_20131217_124911.jpg


前述した※守り神。ならぬ守り熊。

くま同盟が発令し、小心者のやたけくまは彼を発見して一寸和みました。











neu1488238_453864474720069_1519389905_n.jpg


見ている……













neu1471390_453864634720053_1303683587_n.jpg


素晴らしく素敵な共演のお2人と。
(左から、井原羽八夏さん、矢武、小林未郁さん)

一回り成長して、またこのお2人と共演したいなぁと思うライブでした。
本当に素敵だった。








neuIMG_20131217_125522.jpg



ライブ後、井原さんとカメラマンGさんと。

私、ラーメン屋さんでラーメン食べたの、2002年振りです。

と、ハッキリ言える位、行かない、行っても炒飯とか別のものを頼んでいました。


そもそも麺類が子どもの頃から苦手です。(完食前に満腹になってしまう←炭水化物の過剰摂取、と体が気付いているらしい)
あと、日本人の流儀、蕎麦を音を立てて食べる、というのも出来ません。

吸う空気の分だけ、満腹になりませんか、(真顔)

そして、よく噛んで食べます……だから食べるのが遅くて、更に満腹になるんだな。

因みにパスタ屋さんに行ってもスパゲッティは避けます。
あって、フェットチーネかペンネ。
一番はニョッキです。

……と、嗜好を口外するのって物凄く丸裸になっている気がする。


兎に角、久し振りすぎるラーメン屋でしたが、
ここは本当に美味しい事で有名なお店らしく、(にんにくラーメンが有名らしい)
メニューも限定されているので、スタンダードに皆が美味しいというラーメンを注文。

辛くて甘くて意外とさっぱりしている、
と食べる前に聞いたものの、いまいち想像出来なかったのですが、
まさに、そんな感想でした(笑)

美味しかったです、完食出来ました!(そっちに感動)


うん、でも一人じゃこの先も行かないな。

いや、美味しかったですよ!(何処へのフォロー)






そんな感じで一日目は夜更けまで、井原さんとGさんとお話などしつつ。





……やっぱり長すぎるなぁ。

恐らく、今回を逃すとまた書くタイミングがなくなるので、
お付き合いください。

三日くらいに分けてお読みになるのが確かに丁度良いかも。
そんな方は、今日はここで引き上げるのが良いかと思います(笑)

ではまた!












neuCIMG4984.jpg




Guten Morgen! 二日目。

諏訪から松本へ移動。
お昼まで井原さんと一緒に行動です。

Gさん曰く、矢武からイメージされる場所は、美術館、だそうで、
美術館を巡りつつ良い場所があったら序に撮影、というのが今回の予定。

結果的には野外撮影以外は、観光しました(笑)



こちらは、松本にある旧開智学校に併設の旧司祭館(1889年建築)

旅の空は、昔から晴れに恵まれている。







neuCIMG4958.jpg



旧司祭館に入ってまず目に入ったのが、このオルガン(YAMAHA製)。

よくある【お手を触れないでください】という注意書きが何もなかったのを言い訳に……










neuCIMG4960.jpg


弾く。





欲しい。









neuCIMG4982.jpg




こちらが重要文化財、旧開智学校。

学校というものの、先駆的存在だったようです。












neuCIMG4989.jpg



正門。


向こうに現在の開智小学校。











neuCIMG4985.jpg



正面玄関。

装飾が和洋折衷で非常に面白いです。








neuCIMG5003.jpg



洋館に行くと、かなりな頻度で撮っているこのショット。

照明も可愛いのです、部屋によって皆違っていたり。

この照明は、廊下のものでした。








neuCIMG5013.jpg



明治から昭和まで、当時の資料を見るだけでも結構な時間がかかりそうだった。

のを、流しつつでも一つずつしっかり見る。












neuCIMG5015gimp.jpg



講堂のステンドグラス。














neuCIMG5020.jpg





塔に登りたい人間への挑戦状。










neuCIMG5021.jpg



正面玄関から二階へ向かう、とても急な螺旋階段。

(普通の階段が東西にあるのだが、この階段のみのこの急さが今でも謎)

一段の幅も狭すぎるので、小学校とはいえ、危険だったのでは。









neuCIMG5024.jpg













neuCIMG5026.jpg




訪れた日と同じ当時の日付の予定。

今日から試験が始まるらしい。









neuCIMG5028.jpg














neuCIMG5032.jpg



素敵な場所でした。

外観の写真ももっと撮りたかったけど、寒さに負ける。


ここで、井原さんと別れ、しばし松本を観光。













neuCIMG5033.jpg



とてもテンションの上がるカフェへ。

【amijok】

北欧の雰囲気漂う、素敵な雑貨&焼き菓子を中心としたカフェ。










neuCIMG5034.jpg








松本には以前から気になるお店や場所が幾つかあったので、
今回思いがけず訪問出来ましたが、ここにはまた行きたいと思います(笑)








neuCIMG5036.jpg




いつもは、カフェなどこっそり撮影してしまう事も多いのですが、
今回はお店の方もとても穏やかに親近感の湧く方たちばかりだったので、
撮影許可を頂き、罪悪感なく撮らせて頂きました。










neuCIMG5037.jpg



これもとある作家さんの作品。
照明です。

……素敵すぎる!









neuIMG_20131214_121309.jpg



全てが絵になります。


お店の中にいるだけだと、カフェ天国東京にいるという錯覚が起こりそうになったのは此処だけの話。











neuCIMG5050.jpg



ブランチ。


よく見てください。



「貝割れ大根が立ってる!」



……思わず心の声が外に駄々漏れで、


お店の方に、

「そうなんですよ、立つんですよ~」

と相手をして頂く(恥ずかしい)



テンションが上がっている証拠です。


ごはんも美味しく、スコーンもとても美味しそうだったので次の機会にはお茶で再訪したいです。









neuCIMG5054.jpg


先程の旧開智学校付近に戻り、
以前、ふかせさん等からオススメされていた、あがたの森。
(名前がもう素敵)



数年前のNHKテレビ小説『おひさま』でロケに使われたのが有名だそう。











neuCIMG5055.jpg




が、寒すぎてこちらは早々に退散。



次の目的地へ。







neuCIMG5060.jpg




前回の燈台日記を読んで、次に行く場所を思いついて下さったそう。


険しい雪道を1km歩く。











neuCIMG5062.jpg



ゼロポイント!


ゼロポイントというものを今回初めて知りました。
何となく、概念としては知っていたのですが、(緯度と経度が0度で交わる場所)
そのゼロポイントでも、日本の中心と言われるのが、この場所らしいです。


前回の日記で、日本最南端の信号(石垣島と書きましたが、西表島の間違いです^ ^;)やら、
九州最北端やら関東最東端、
という事を書いたので、
中心も面白いのでは、と。

突端ばかりで思いつかなかったのですが、

日本の中心

は、寒かった。





neuCIMG5064.jpg



何か、こういった要所を制覇する度に、
益々、日本への未練が減っていく。

制覇出来たものなど、本当の意味では何も無いのに、
海外への憧れはいつまでも薄れません。







neuCIMG5066.jpg






撮影(撮ってもらう方)の機会を完全に逃し(笑)
この日の夜の予定の為、
早めに伊那市へ向かいます。


ちょうど良いタイミングで、
伊那で出会った音楽友人、オサカミツオさんと福澤歩さんのライブが催されていたので、
伊那に行ける理由が出来た!ととても楽しみにしてました。







neuCIMG5079.jpg



ライブ会場へのナビを私が間違い(笑)
ちょっと時間もあったので、我儘を言ってこの場所へ連れていって頂く。


自家焙煎珈琲屋【砂時計】







neuCIMG5080.jpg


2011年5月、

東京外で初めてライブをした場所。
長野ライブの出発点。


当時の事など、久し振りに掘り返してみたり。
あ、私この時もオルゴールとサンキョーを語ってますね(苦笑)







neuCIMG5084.jpg



あの日以来の訪問だったので、
とても懐かしく、お店に入った瞬間、ライブの日の事が蘇ってきました。

一度しか行った事のないお店だとは思えない位の、親近感というか。
程よく遠い記憶になっていたものを近づけさせる空間の力は、他に代え難いものです。







neuCIMG5087.jpg


私が好きなコーナーの一つ。(一つ上の写真ノーマンロックウェルは勿論)

こちらは、ターシャ・テューダーコーナー*

此処に飾ってある幾つかの本は、私の本棚にも入っております。
ターシャは私の中の西の魔女。

この人の存在は、私にとって一種の光なのです。
気になる方は調べてみてください。
ターシャを語り出したら、
いよいよ今日のブログを最後まで読破する人が今日中には現れないだろうと思われるので、
やめます。








今回、ふかせさんには擦れ違いで会えませんでしたが、
砂時計さんにはふかせさんと同じ空気があるので、
偶然とはいえ、来られて本当に良かった。
安心する一時でした。


勿論、珈琲豆をお土産に。
帰京後、暫しの砂時計タイムを味わっております。



そして、オサカさん&歩さんのライブ会場へ。







neuCIMG5097.jpg


お2人とも1年振りです。
歩さんとはお会いして2度目とは思えないほど、
とても親しくお話が出来ます。

歌の世界観や、声も素晴らしく、
きっと好みが色々似ているんだろうな、と。
オサカさんにもそれは言える事で。

これまで、色々なギター弾き語りの人を見てきましたが、
やっぱり、オサカさんのギターや曲のテイストはとても共感が持てるし、素直に大好きなのです。
オサカさんにギターを弾いて貰うのも私の夢の一つ。


伊那には素敵なミュージシャンやアーティストが沢山います。
会う人会う人がみな、温かい。
不思議な町です。








さぁ、ここまでノンストップでついてきて下さった貴方。
Vielen Dank!

流石に一寸疲れてはいませんか?
いい加減、長いだろ、と思い始めてはいませんか?


気を休めるには、ここで引き上げるのも手ですよ。
そして、安らかに大らかな気持ちでまた遊びに来てください。

Bis bald!










neuCIMG5118.jpg


最終日。

撮影日。



朝から素敵な観光(笑)

此処は、銭湯なのです!!










neuCIMG5127.jpg




裏側。
ちょっと銭湯らしい。










neuCIMG5136.jpg













neuCIMG5137.jpg



洋館好きには勿体無い贅沢です。
もともと、公衆浴場として始めから作られた建物だそうで(当時の財閥により)

現代でも凄い存在感ですが、
当時はもっと凄かったのだろう。


温泉などもあまり興味がないのですが、
行ってしまえば良いもんだなといつも思う歯痒さ。







neuCIMG5141.jpg



避雷針まで可愛い。










neuIMG_20131217_130343.jpg


ブランチ。

本格的なカレー屋さんでカレーを食べたのは……2011年以来です(笑)そして2回目……?


カレーも苦手です。

というと好き嫌い激しそうですね、食べられない物は少ないので、無理して食べろ、と言われたら割と何でもいけるのですが、

辛い・苦い・酸っぱい・しょっぱい・熱い……
……、つまり刺激のある食べ物が苦手です。

なので、美味しさも解らないでもないのですが、好んではあまり食べません。

故に、そんなに味を知らないともいえます。


諏訪湖に面したこのカレー屋さん。
カレーとナンが食べ放題、という私には無意味の太っ腹なお店なのですが、
Gさんイチオシとの事で頂きました。


結論。
辛いけど、美味しかったです!
しかし、辛かった!
どっちに軍配を上げたら良いのだ!

ナンが甘めだったので、救われました。
この量、食べきれるかな、といつもの心配が真っ先に過ぎりましたが、
時間をかけて完食しました。

時間をかけたばっかりに後の予定に響く(苦笑)




因みに、そんな私が思い出すだに、もう一度食べたくて仕方が無いというカレーが一つだけあります。

町田国際版画美術館併設の喫茶で出されている薬膳カレー。

薬膳カレーが性に合っているらしい。
あぁ、思い出すだに……






と、脱線している場合ではない。






束の間の諏訪湖を後に、
撮影ポイントに向けて女神湖方面へ移動。


neuCIMG5155.jpg



去年の伊那ライブは標高1000mの場所だったので寒かったけれど、
今回はそこへは行かないから大丈夫、
というような事をこの場で書いたかもしれません。


結果、そんな場所で撮影してきました。







neuCIMG5157.jpg


山の上の方は、雪が少し積もっていました。



本当の目的地は、山梨北杜市なのですが、少し寄り道してこちらに。

私が塔好きなので、
もしかして、鉄塔も?勿論!
という事で、珍しい鉄塔があるこの場所へ。

鉄塔に関しても語ると、最早、次にここに読みに来るのを躊躇う人が大勢発生しそうなので、
やめます。






neuCIMG5165.jpg


珍しい鉄塔。






neuCIMG5166.jpg


牛の顔をしているのです!


正しくは、烏帽子鉄塔、というらしいですが、
調べてみたら、結界の中にも入れるようで、時間があったら見てみたかったなぁ。

(鉄塔の根元の四本の柱に囲まれた空間、つまり鉄塔の中(真下)の事を、結界と呼ぶのですが、
子どもの頃、こっそり遊び場で好きでした)



世の中には、鉄道好きがいるように、鉄塔好きがいるのですよ……、私はそこまで詳しくはないのですが。

というか、このブログをお読みの方はお分かりのように、私は気が多い人間なのです、
趣味を持つと破産する、
と昔、誕生日占いに出てきて、的を射ているなぁとただ納得。

趣味に行く寸前にみな何とか留めております。
そしていつまでも何も極められないのだろうか。

人生楽しい事だけは間違いありません。
鉄塔を味わう位なので。






neuCIMG5183.jpg




白樺が好きです。

と、発言して決まった此処での撮影。
雪と風と闘いました。











neuCIMG5185.jpg


撮影の最終目的地、リードオルガン美術館。


……だったのですが、何とご主人不在!
携帯も繋がらず……







neuCIMG5198.jpg


近くの雑木林でどんぐり拾いをして待つ。
(後々、どんぐりクッキーを作ります。ちょっと旬には遅いけど)





結局、ご主人は現れず、撮影は諦め。

最後に変わったフルーツティーが飲めると聞いていたギャラリーでお茶をして、東京に帰る事にしました。






neuCIMG5221.jpg


SHIKANDAI ギャラリー。

こちらの建物近くで、ちょうど夕陽が綺麗だったので束の間撮影。
数枚撮れた写真を見せて貰いましたが、何だか格好良く魔法がかかっておりました(笑)楽しみです。


そして、寒さに負けてギャラリーにお邪魔します。

今回の旅、最後の素敵な出逢いでした。






neuCIMG5225.jpg


ギャラリーのスタッフの方に、寒い中頑張りましたね、
と撮影していたのが丸判り(笑)……断りもなくすみません

そして、ストーブに当たらせて頂く。

こちらのギャラリーは、画家の新月紫紺大(シンゲツ シカンダイ)さんの絵を展示販売されていて、
この日は絵本の原画展をやっていました。

絵本や児童文学の世界にいた身としては、
長野・山梨はギャラリー天国でもあり、惹かれる場所です。






neuCIMG5227.jpg



日が沈み、昼と夜の間の好きな時間。

他にお客さんもいなかったので、(そしてリードオルガン美術館用に予定していた時間が空いたので(笑))
ゆっくり寛がせて頂きました。








neuCIMG5228.jpg


絵の感想を書くのは、音楽の感想を書くのと同じ位、難しく結局一つもうまく伝わらない、と思うのですが、
言葉にするのを放棄するのは表現者の端くれとして如何とも思うので、
どんなに陳腐でも最近は、感想を言葉にしようと思っています。

……とはいえ、本当に難しい。

ひとまず、紫紺大さんのHPをどうぞ(笑)

http://www.shikandai.com/gallery/


ライブで歌った『僕達の小さな惑星』という曲にとても世界観が近い絵のプリントが販売されていて、
思わず購入。(『星を追いかけて』という作品)


星空を船に乗っていく、というイメージの大きな影響は、たむらしげるさん、だと自覚しています。
気にして絵や小説を読んでいると、そんなモチーフを使っている人は、今に始まった事ではないのですが、
私は多分、たむらさんから。


そんな事を思い出しながらも、紫紺大さんの色(特に青。私が一番好きな色でもある)というのは、また初めてみる色で、見るほどに惹きこまれていきました。





neuCIMG5235.jpg



本来の目的(笑)フルーツティー。

果物だけで抽出した純粋なお茶。
これも初めての味でした。

一寸この写真ではわかり難いですが、ポットの下、蝋燭で温められています。
これがまた可愛い。

時間を置くほど、味が深みと甘さを増して、
ゆったりとした時間を過ごすにはぴったりの飲み物でした。






neuCIMG5241.jpg


このギャラリーにも自分との接点を感じる事が幾つかあり、
(先に書いた、自分の本棚にある本が並んでいた、とか)

縁というのは面白いなと、音楽をやり出してからは特に感じます。



ここまでの長野での出逢いも、元を辿れば何度も言ってますがふかせさんから始まったもので、
そのふかせさんとも、一期一会の共演者で終わる事もおかしくなかった。

私はその出逢いをこれまでの共演者の方のように一期一会で通り過ぎてしまう所だったけど、
長野で歌いませんか、
と引きとめてくれたあの言葉があったから、
ここまで旅をしてこられた。

私はその頃は今以上に好き嫌いがはっきりしていたので、
気付けずに通り過ぎてしまうものも多かったけれど、
少しずつ、人との出逢いから、学ばせて貰っていると思う。

これも少し前から言っている事だけど、
守っていく事もこれからの自分の課題。


続けていく、繋いでいく。


その糸の数が増えていく事の喜びを、改めて感じた3日間でした。

お会いした全ての方、有難うございます。


そんな曲を、そろそろ私も書いて良いんじゃないかと思えてきました。
これも人間に近づいてきた証拠かな(笑)




さて。

短く頻繁に、

をいつの時も目指しているこの場所ですが、

此処へ来て、また過去最長記録を更新してしまった(恐らく)



果たしてどれだけの人がここに到達してくれたのか判りませんが、
(しかも時間的に、朝イチで来てくれる方が多そう……)


私はこれで、すっきり月曜のライブに備えられます(笑)

楽しい一夜にして、今年のライブを締めくくれたらと思っています。

そんな訳で、23日、
渋谷でディナーをお困りの方は、是非いらしてください。

通常営業にライブがついてくるようなものですので、
音楽は流しつつ、食事に専念されても一向に構いません(笑)



その前に今夜は音楽友人のライブ。
行く方のライブももしかしたら、年内最後かな。

楽しみです*


Thank you for your reading !!








このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yatakekumi.blog82.fc2.com/tb.php/159-9925cca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆08/25(Fri)@HIYOSHI Nap(日吉)

◆09/27(Wed)@GRAPES KITASANDO(代々木・北参道)

*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (101)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (11)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム