*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

終わりとはじまりと続いていくものと

      IMG_20131226_194541neu.jpg
(@Creative space 8/(hachi))


いよいよ2013年もあと1日です。


まず大切なお知らせを。

去年の春から参加していたchillfactorとしての活動に終止符を打ちました。
思いの丈はchillfactor Blogにて。

もともといまの3人というものがchillfactorのすべてではないので、
これからも、個人的にchillfactorという存在を応援していきたいと思っています。
鉄平君、満美ちゃん、chillout recordsはじめ関わってくださった皆さん、
ライブに足を運んで下さった方、
どうも有難うございました*


現在の私は、
次のライブまで1ヶ月、また水面下です。

今は、今秋に制作していたジャンたなかヘヴンさんとのコラボCDのデモを聴いています。

ジャケットデザインなど、ジャンさんと遠隔で(夜中に)話し合い。
(私はただジャンさんが描いてくれたものに、こっちがいいだのあっちが好きだの言っているだけ。笑)
何故夜中って、ジャンさんとは魔法使い仲間でもあるので、
夜に覚醒するのですね、多分(そうなのか)

ビジュアル、早くお知らせしたいのを我慢しております。
そして、メインの中身ですが、
秋のレコーディング以来、久し振りに(そして更にアレンジされた)曲達を聴いて、私も他人事のように新鮮に楽しんでいます。

詳細はもう暫しお待ちください*




そんな訳で今年も終わりますよ。
全然、そんな気がしない……


今年の初詣にて引いたおみくじ(此処のは個人的に昔から信憑性がありまして…故に怖いので毎年はチャレンジしない)に、
「色々な人から助けられて、ゆるやかに坂をおりていくような良い運気」
とありました。
振り返ると中っていましたね(笑)

助けられているのは今に始まった事じゃありませんが、
ゆるやかに坂をおりていく、というのがまさに言い得ている感じです。
ずっと山を登っているような感覚があったし、
今は自分をとても身軽に感じています。


そして、今年も沢山の出逢いがありました。

今年お世話になった幾人かは、
そういえば今年出逢った人だったな、という事にも今更驚いていたり。

私は人には先ず警戒をするので、
打ち解けるにもかなり時間をかけるのですが、その自分のルール以上にアクションを起こして下さった方達の有難さ。
(単に出逢った人達のスピードの方が速かったのかもしれない。むしろ私より遅い人も珍しい気もする)

それに影響されて自分の意固地な位の警戒も少しは解けてきているかもしれない。


それから、引き続きお世話になった方達も。

勿論、この長文という意味で個性的かもしれないこの場所に来てくれた皆さんも、

有難うございました*



水面下にいますが、そんな時こそいきいき良い歌が歌えるもので。
(この場合、歌うのはほとんど人の歌)

私の基盤は其処なので、
つまり一番良いと思える歌の聴衆も私一人という、何とも言い難いものですが、

終わりもはじまりもどんな時でもこの一人と一台のピアノであるその場所を、いつまでも大切にしていきたいと思います。


新年の挨拶はちょっと遅くなると思いますが、
皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yatakekumi.blog82.fc2.com/tb.php/161-4601e617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆09/27(Wed)@GRAPES KITASANDO(代々木・北参道)

*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (102)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (11)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム