*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

Vielen dank 2014 !

CIMG6263neu.jpg

今年もあと2日。
相変わらずの振り返り日記が続いておりますが、10日前の事と思えばまだ最近のような気もする。

という訳で、今年の歌い納めは12/19@Celtic Moonでした。







CIMG6269neu.jpg

マンスリーイベント『Jazz飯!』の首謀者、D.O.Gさん
http://www.saxofthedog.com/
歌っているように滑らかで艶やかなサックスの音色を奏でるお方。
演奏していないときは、ひたすらボケるという癒しのマスコット的存在、と認識してきました(笑)







CIMG6272neu.jpg

D.O.Gさんとインターネット番組でタッグを組んでいる、
アイリッシュハープ弾き語りの矢野あいみさん
http://www.yanoaimi.com/
矢野さんは声が本当に素敵で、世界観のある歌声と書かれている曲の雰囲気も絵本や童話を開いているような温かさがあります。
今回、静謐なケルト民族音楽をイメージさせる曲も作られていることを知り、
女性ミュージシャンでは今迄で一番ケルトに近い方と共演出来た、と私は秘かに高鳴っています。



お2人のライブの中で、私は3曲歌わせて貰いました。

【Setlist】
1,『Silver Lining』 (with Irish harp:矢野あいみ)
2,『Yu sontie~輪廻~』
3,『はじまりの唄』(with Tenor sax;D.O.G)


矢野さんには本当に間近に我儘言って、私の中のアイリッシュ曲『Silver Lining』の伴奏をハープで弾いて頂き、
私は歌とティンホイッスルを吹きました。
ティンホイッスルが同郷の楽器と共演出来た訳です、
念願叶ったり!


D.O.Gさんとは、初めてお逢いした時に即興で合わせて頂いた『はじまりの唄』を再び。
ほぼこちらからは指示せず、アレンジをお任せ。
矢野さんもそうですが、事前練習なしの直前リハでちょっと合わせて本番、
でしたが、それでも応えてくださるだろうという事は見えていたので、
最近は、言える我儘は言えるだけ言ってみる精神になってきました。……図太い。
応えてくれる人は出来るだけ応えようとしてくれますし、それがプロというものだと思います。


最後はお客様含め全員でクリスマス曲を2曲、私はピアノで参加しました。

気になっていたアイリッシュ料理のコルカノンも期待通り美味しく、
満腹で今年の歌い納めを終了。




CIMG6287neu.jpg

やの犬のお2人、Vielen dank!(謎の列車ごっこポーズ)
Celtic Moonと出逢ってからこの3ヶ月だけでも、このお店に関わる人達に色々と新しい世界を見せて頂きました。
色々な世界で色々に生きている人達を見て、
では自分はどうなのか、どうするのか、と考える事がとても大切だなと思っています。
ちゃっかり忘年会にも参加しちゃって(笑)
今年は目標通り、人間関係アグレッシブでした(当社比)






そして、先週。

合唱リハーサルの後、
音楽友人の芽森ちさとさん(やたけくま名付け人(笑))とアコーディオンソロユニット『プラネタリウム』さんのライブに吉祥寺へ。
1年振り、3度目。

ライブ前に夕飯でお邪魔した、味噌専門店『ソイビーンファーム』は以前から気になっていたお店。
ちさとさんのブログにちょこっとお邪魔しているので、
よかったら遊びに行ってみてください*
http://ameblo.jp/memorichisato/entry-11969355765.html


吉祥寺の曼荼羅は何年振りだろう。
ライブ活動をする前に1度こっそり潜入(下見)して以来かもしれない。
マンダラ2の方は、思い出と思い入れのある懐かしい場所ですが、こちらも随分行っていない。

neuIMG_20141222_220923.jpg

プラネタリウムは佐藤史朗さんソロユニットですが、私はいつもフルバンド編成の時にお邪魔しています。

アコーディオン、ベース、ギター、ドラム、
皆さん、本当にプロフェッショナルで、
高度な事をしつつも、
音楽している。

今回は、ヴァイオリンが加わり、こちらも本当に素敵だった。
マンダラ2でヴァイオリンを聴いていた頃をまた思い出したりもして。


史朗さんの作られる曲は、色々なジャンルを内包していて、
いつも作曲心を刺激されます。
今年、音楽を手掛けられたミュージカル『ガラスの仮面』の中から2曲演奏されたのですが、
こちらは真っ当なケルト。
もうここしばらくの私に向かってくるケルト祭りが尋常じゃない。
もともとケルトは好きなのですが、
学生時代の時に比べるとちょっと離れていたかな、と思っていたので、
タイミング・契機、というものがあるんだなと思いますね、何事も。







neuIMG_20141224_191708.jpg

明けて翌日は、福生の教会にて2年振りのクリスマス・キャンドルサービス。
去年は自分のライブとかぶって参加出来ませんでしたが、
中・高校生の合唱伴奏は3年前のこの場所からのお付き合い。

アットホームな教会とあたたかい雰囲気で、
毎年ひそかに楽しみにしている行事になりました。

聖書の朗読では、聞きなれた文句……(11月の教会ライブで取り入れた創世記でした)
土地柄ネイティブの方もいらっしゃり、素敵な声で朗読されていて、
この教会の建物の雰囲気も含め、
外国のお宅に訪問している気分になるのが、私の中で相当な癒しになっているようです。
そういえば、子どもの頃通っていた英会話教室のお宅と空気がちょっと似ているのかも。

クリスマス、という時期もあって、いらっしゃる方すべてに
和やかな空気があり、笑顔があり、与えあう精神があり、
本来のクリスマスを教えて貰う。


私の隠れたサンタ活動である(そうだったのか)
3年目のシュトーレンはリベンジなるも結局納得がいかず、時期を逃してしまい(1回作るのに5日かかるので)
友人には送らず無言で勝手に終了。
やはり、年に1度の経験値では試作の猶予もなく非計画的であった……(やらずとも判る事のような気も)


昨日・一昨日は柄に無く忘年会が続いたので、
久し振りにスノーボールクッキーを、50個ほど焼きました。

創作欲はこうして音楽よりも安易な料理によって満たされていく訳です。
これでは不可ない……



KIMG1339.jpg

エルダーフラワーシロップで、少しは風邪予防になっていたらと呪(まじな)いつつ。

次のライブも控えています。
自分に言い聞かす言い方をすると、来週の日曜日(1/11)ですからね。

詳細出ました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~

2015/01/11(Sun)@日吉Nap

『Nap COLORS』

◆17:50 / 18:00 Open / Start
◆【出演】<Opening Act> 平山由揮(18:00~18:20) / 金子聖司(18:25~18:45) / kokoko(18:50~19:10)
sacco(40min) / きくちけんぞう / 相原邦弘(40min) / 矢武久実(40min) (順不同)
◆【Ticket】¥1,500 + 1Drink(前売・当日共)

★先着で振舞い酒サービス

◆HIYOSHI Nap
〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-4-25-B1 (東急東横線日吉駅から徒歩3分)


お馴染み相原邦弘さんと、今回はセッションではなくお互いの曲をカヴァー。

相原さんには今年何だか何処に行っても好評だった曲をカヴァーして頂きます。
私は候補3曲から2曲に絞り、アレンジしてみてこの曲、と落ち着いた段階で、
最初に切った1曲を相原さんが夢の中でこれみよがしに弾き語って(悪意ある描写(笑))、また揺れる…という愚かな奔走を経て、
ようやく落ち着いたところです。

出演者も多い賑やかなイベントになりそうですが、
3連休の真ん中、お時間ありましたら是非足をお運びくださると嬉しいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2015/01/19(Mon)@恵比寿天窓.switch

『音楽家たちの晩餐会』

◆【出演】IRI / 瀬里奈 / 伊藤詩織 / 矢武久実<Guest Dancer: RIE>(順不同)
詳細後日発表。

◆恵比寿天窓.switch
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-28-4 B1F


少しずつアナウンスしていますが、バレエダンサーのRIEさんをお招きして1夜限りの箱庭音楽劇場を。
switchに出ていた頃は、毎回試行錯誤していて、今思うと色々とチャレンジしていた場所でした。
そうさせる何かが棲み付く恵比寿天窓……
こちらも是非お時間ありましたら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~



とりとめもなく色々な話題を放り込みつつ、2014年も終わりですね。


1人に帰ろうと思った1年。
色々な方とセッションも出来、
新たな出逢いや再会もありました。

お会いした全ての皆様、本当にありがとうございます。
ブログを読みに来て下さった皆さんも。


総括すれば近年稀にない平和を甘受した1年でした。
それは一方で直視出来なかった幾つかの由縁でもあり、
どこかのタイミングで本を閉じるべき時が必要だとも感じつつ。

更に今年は10年前近辺を振り返る機会を与えられた年でもありました。
その事が少なからず良い影響を与えてくれた事は特筆すべきこと。
10年前の自分の方が賢明であったり、とてつもなく幼かったり、
時間の捉え方も省みました。


過ぎ去ればあっという間、と言えるけれど、
最中、
そうとは呼べない苦しく長い時間もあった。

どうしてわざわざ掘り返さなきゃいけないのか、
と燻る疼きもありながら、
それに対峙出来る精神までやっと辿り着いたのか、と気付かせてくれた。
10年は長い。
それを構築している毎1年も、ちゃんと1年分の重さがあった。

その事を忘れずにいたいと思います。


締めの話題が真面目すぎやしないだろうか。
締めだし、いいか。

来年はちょっと節目なので、色々と楽しみつつ頑張りたいと思います。(何てアバウトな)
頑張りすぎてこのブログが毎日更新とかになったらどうしよう。
仮にそうなっていたら、幽霊か小人かくまの仕業なので、どうぞご心配なく。


それでは、2014年最後の長文日記、ご清覧有難うございました。

皆様、どうぞ良き年末年始をお迎えください*


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yatakekumi.blog82.fc2.com/tb.php/195-b0b7e5cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆11/25(Sat)@日吉Nap(横浜・日吉)
相原邦弘さんとのユニット出演


*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (107)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (12)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム