*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

郷愁ランドスケープ

暑中お見舞い申し上げます。

未だ7月中とは信じられません。
夏の盛りか、終わりの如き、猛暑。

暑さには弱いのですが、音楽をやっていると瞬間は暑さを忘れられるので、
涼しそうなピアノ曲や、「夏の終わり」を示唆する歌を歌ったりして、夏と向き合っております。

列島中、熱中症で倒れる方が急増していますね。
これを読まれている方も、注意して乗り切ってください。


さてさて。
昨日(7/23)は群馬に行って参りました。
母が実家に行くのに便乗し、この夏の何処かで行こうと思っていた
【群馬県立近代美術館】へ。

群馬の森

此処は、【群馬の森】と呼ばれる公園の中にあります。

群馬県の高崎市という所で、私は産まれてから10年生きていましたが、
この【群馬の森】は幼少の頃に何回か行っていました。

が、殆ど記憶にありません。
最後の記憶は、恐らく ドングリ拾い。
ほぼ、写真によって作られた記憶だと思います。


今回再訪したのは、全くの偶然でした。
新聞で知った、
【もうひとつの場所-野又 穫のランドスケープ】展

「空想の建物を描く画家」
「ランドスケープ」
この2つのキーワードに引っ掛かり、
野又穫さんという画家を調べてみました。

ネット上で見る事の出来た数枚で、
これはもう拝見するしかない!と思い、
会場が懐かしい場所だったので、更に実行に拍車がかかったという訳です。

minoru nomata

ロビーに掛かっていた巨大なスクリーン。

私の大好きな建築モチーフである、
風車、燈台、飛行船、塔、帆船、煙突、電塔、気球から、
サーカスのテント、電線、梯子、温室など、
現代のこの世界によく目にするものを、
パッチワークのように付けたり混ぜたりしながら、
時代や国籍不詳の建物ばかりを、
70年代から描かれているそう。

背景は殆どが空のみ。(青空だったり、夕空だったり、夜だったり)
バベルの塔のような、大きな作品も描かれていましたが、
建築中らしい、小さなテントが建物の隅に沢山点在していても、
人は1人も見当たらず。

絵の具を厚く塗りたくらず、
余計な描写はせず、
色もシンプル。

観る者に余白を用意していてくれる優しい絵だと思いました。

何より、
自分の好みのモチーフとのシンクロ率が異常なもので、
珍しく、作品と共に、作者の野又さんに興味が湧きました。

展示されていた部屋は、
平日の10時台、という事もあり、
他の来客は未だ無く、
見渡した広い部屋の中に、健在している不思議な建物たちの静かな主張が、
とても親しみを感じさせ、
やはり来て良かった、と思いました。


【余談】
ここまでで長くなってしまったので、
此処からは写真のみの掲載に。

帰りは、関越自動車道、寄居PAへ。
6月末にリニューアルオープンした、
「星の王子さまPA」

世界初の、テーマパークならぬ、テーマパーキング、だそうです。

こういった場所は、あまり期待せずに俯瞰して臨むのですが、
元々小さな規模であるPAの特質を活かして、
細部まで星の王子さま、南フランス。

yorii PA

粘土で作ったような小さな家。
little house

薔薇の花と共に。
le petit prince
この像は、一寸可愛過ぎる気も。


倉庫の裏にもさりげなく。
壁画の王子さま

薔薇椅子。
rose chair

海外にいる錯覚も出来そうです。
サン=テグジュペリといえば、飛行機。
from France

そういえば、数年前に宮崎駿氏挿画の
『夜間飛行』(文庫本)を購入したものの、
注意深く読みたい意気込み故に、
未だ導入しか読めていません。
非常に勿体無い。


夕暮れ街燈

ライトアップされた灯りの色も世界観に巧く溶け込んでいました。

PAとしては、SAと名乗っていないあたり、
地元の名物やコンビニのような売店がある訳ではなく、
代わりに、星の王子さまグッズの店と、
南仏料理のビュッフェレストラン、
路面店として、喫茶・パン・オムライス屋がありましたが、
皆種類は少なめです。

ただ、その全てに南フランスが舞台だという拘りは感じられました。
ビュッフェレストランが非常に気になるので、
寄居はペース的に通常寄らないPAですが、
機会があったら、また行ってみたいと思います。

そして、近々、近所のプラネタリウムで、
まさに『星の王子さま』を観賞しようと思っていた所だったので、
非常にタイムリーでした。

専ら、絵を描きたくなる1日でしたが、
煮詰まっている新曲の方向性と格闘しながら、
あと数日、乗り越えたいと思います。


長文乱筆失礼シマシタ!
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yatakekumi.blog82.fc2.com/tb.php/22-4b2c4376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆09/27(Wed)@GRAPES KITASANDO(代々木・北参道)

*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (102)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (11)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。