*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

GRAPESありがとうございました*新曲『The Wishbone』

WS000011.jpg

前回YouTubeにあげた岡崎律子さんのカヴァーについて、
反応を頂けて嬉しい限りです。
自発的にカヴァーをする事は本当に少なく、
また今回の曲がどういう曲であるかを知っている方には特に、
私の非力ながらのチャレンジに労いの言葉を頂けたりもして、
やってよかったと思いました。



そして教会ライブから5日後、
5/10、GRAPESライブありがとうございました*


上の写真の通り、今回の映像は、
2年前にドイツ訪問10周年記念(こんなこと言っている輩もあまり居まい)ライブ用に作った映像を掘り返しました。
(最早、オケや映像なしのシンプルなライブが出来なくなっている)


ご来場下さった方、会場にてお声掛けくださったりCDをお買い上げ下さった方も、
ありがとうございました*


昨日は(これを書いている時点ではまだ昨日)
この一年で書いた曲を中心に、
つまり歌い慣れていない曲を中心に(笑)
ゆったりお届けしました。




*【05/10 セットリスト】*

1,『草原と少年の船』
2,『Yu sontie ~輪廻~』
3,『沖に出る』
4,オルガニート~『The Wishbone』(新曲)
5,【映像】『はじまりの唄 -Nach Deutscland ! ver.-』


WS000002_1005.jpg

5日の教会ライブではハミングだった新曲は、
『The Wishbone』というタイトルになりました。

上の写真は、wishbone(Y字の形をした、鳥の鎖骨)をなんとか説明する、の図。
感謝祭やクリスマスなどに食べる鶏の丸焼きの、
鎖骨の部分を乾かした後、
2人が骨の両極を引っ張ってより長く残っていた方の願いが叶うというおまじない。

お客さんが興味津々に話を聴いてくださり、
のびのび語っていますが、映像を観返したら早口なこと……(笑)


零れ話ですが、wishboneというテーマは、1枚目のミニアルバムに入っている
『Stellares Lied -星の唄-』
の時の仮タイトルでした。(随分昔の話だ)

当時は昇華出来なかったwishboneのモチーフで、
今回は書こうと思える心持ちであったこと、
また、今この機会を逃したら書けないかもしれない気もして、

初見では不明な言い回しもあるやもしれませんが、
段々と芽吹いていく曲になってくれたらと思っています。


そんな裏話があったため、
歌う前に『Stellares Lied -星の唄-』のオルガニートver.を流しました。

Stellares Liedでwishboneを書けなかった頃を思うと、
10年近い時を経て書けたことに(……)


成長しているようなしていないような、きっかけ次第だったような、
とにかく、書き上げられて良かったです。

新曲としてはゆったり曲が続いたので、次はアップテンポな曲を。
7/6のライブにはお届け出来ると思います。



WS000007neu.jpg

そして、ドイツ映像と共に。
写真は、昔から使っている自分の名前ロゴ(のようなもの)に、
ブレーメンの音楽隊のシルエットが浮かんでくる短いアニメーションなのですが、
これを作った2年前は、まだ今ほどの映像技術がなかったので、
地道にコマ画を何枚も作って、フェードイン&アウトしています(アニメの原点(笑))
今この表現をしようと思ったら、制作時間が何分の一に省略出来ることやら。。。



冒頭では、滞在したブレーメンの大学や登校時に撮ったものなど生活感漂う写真たち(笑)に合わせて、ドイツ国歌をピアノで。
(ドイツ国歌はハイドン作曲で旋律が美しく、
中学生の頃に初めて自動演奏ピアノ(オルゴールの一種ですね)で聴きました。
感動した自分はやはり前世がドイツ人なのでは、と盲目を深めた中学生。。。)


そこから歌う、はじまりの唄は、滞在後1週間で弾丸で回ったドイツ各地の町の写真を。
本当は、一枚一枚を説明して回りたいところですが(笑)これはまた主旨が変わってくるので断念。
ドイツパワーを貰って、楽しく歌う、楽しむという事をライブ中に実感しました。





苦しさと闘いながら、深い海に潜りこんで、遠くから世界を見ていたような春。

去年とはまた違う苦しさ、内省、そして出口が見えたからこそ、
幾つかの新曲候補からこの曲を選んだのだと思う。
そしてそんなタイミングだったから、珍しく短期間でライブが続いたのかもしれない。

日曜にまた、急遽こっそり歌ってきます。
夏以降の予定も段々お知らせ出来るのでは、という雰囲気。

とにかく留まっていてはいけない。
同じ場所にいても、同じ景色を見る目でいてはいけない。
そのためには、一度離れて見る必要がある、何事も。


去年のレコ発からずっと区切り無く来てしまった気がして、
次のライブは7月。
それまでの間、やっとこの半年を振り返ったり、
ブログらしいブログをちょっとは書けたら良いなと思っています(いつも言っている気がするけれど、今回は実現出来そう)
何せ、みな、書きかけで保存しているので、準備は出来ているのです(笑)


facebookにだけ試験的に呟いていた話もいくつかあるので、それもまとめられたら。


WS000008.jpg

【おまけ】ハンブルグの港で盗撮したカッコイイ船長さんたちと共に。


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yatakekumi.blog82.fc2.com/tb.php/243-9e518a53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆10/22(Sun・昼)@GRAPES KITASANDO(代々木・北参道)
『旅する音楽の午餐会』
【出演】フルハシユミコ・竹内理恵・竹内武 / 深瀬人寛(from 長野) /矢武久実

◆11/25(Sat)@日吉Nap(横浜・日吉)
相原邦弘さんとのユニット出演


*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (105)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (11)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム