*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

ハンバート・沖縄三線三昧 そして颱風

 先週は原宿へ。
映画『マザーウォーター』の松本佳奈監督が、
私の好きな男女デュオ、ハンバートハンバートの初PVを監督された
「さようなら君の街」の試写会に行ってきました。
(近年のハンバート愛が届いたのか、抽選で当選したのです!)

試写会はハンバートのミニライブも行われ、
ギター1本で、久し振りに2人の歌を小さな会場で無料で聴けるという贅沢!
(遊穂さんはハーモニカに技が磨かれていて、素敵でした)

PVも素敵でしたが、
松本監督の『マザーウォーター』は、
『かもめ食堂』から近年、小林聡美さんやもたいまさこさんが出演されている一連の映画作品と
同じスタッフで制作されているようです。

また、この出演陣は、かもめ以前にもテレビドラマで何度かチームのように共演されていて、
どんな繋がりがあるのだろう、と未だに謎に思っていたりします(笑)

そんな一連のドラマからの作品が好きだったので、(俳優陣が好きなので、固定ファンのようなもの)
それとは別の場所で好きだった、ハンバートの音楽と
近年絡むようになってきて、個人的に面白くなってきています。

ハンバートの2人は、相変わらず、ゆるーいMCで楽しかったです。





 そして、颱風直撃か危うかった土曜日、
友達が招待してくれた三線の全国発表会を聴きに、下丸子へ。

【金城盛長三線教室 第二回発表会 東京公演2010“揃てぃ 遊ば”】

三線の発表会で全国から門下生が集まる、
とだけ事前に聞いていたのですが、
発表会というには、完成度の高いパフォーマンス!

私は、琉球の音楽は大まかなイメージしか知識が無かったのですが、(恥ずかしながら)
三線の発表会なのだから、三線の音を沢山聴くのだろう、と思っていた所、
全て弾き語り!

老若男女、皆さん歌われるので、そちらの方に耳が集中してしまいました。

この三線の教室は、
全国6か所に教室があり、
今回の合同発表会は、4年に1度、行われるそう。(W杯の年に)

発表会というからには、入場無料なのですが、
2時間たっぷり大きなホールで、
沖縄本島や、周辺の島の唄、舞、
時には仮装をしてお客さんを楽しませたり、
しっとり美しい調べを聴かせたり……

緩急様々、まったく飽きる事なく楽しむ事が出来ました。

私は未だ、沖縄には行った事が無いのですが、
沖縄の人(しまんちゅ)には、これまで何人か接した事があり、
皆さん、楽しい人だったのが私の印象なのです。

私は性質的にどちらかというと北の人間だと自分で思っているので、
南の人と話していると、温度差を感じつつも、
何となく氷解してくれるような(されてしまうような、笑)
色んな意味で危うさを感じてしまいます。

あ、でも、小学生の頃、
よく、外で遊んでいたので(冬でも半袖)、
何となく、自分は島の子どもみたいだな、
と、ある日勝手にしっくり来た事がありました。

そんな過去か前世があってもおかしくない、と思っていたのです(苦笑)

そんな野性は今何処。



最後は、お客さんも一緒に踊って、疑似沖縄体験。
この日、一緒に行く予定だった友人が仕事で来られなくなり、
私は1人客でS席に座っていたのですが、
同じように1人で来ているおじさんなども、
楽しそうに踊り始め、(あの方はきっと沖縄の方。違和感なく踊りながらステージに上がっていかれた……)
座っている方がおかしい、という雰囲気。

これです、何となく氷解されてしまう危うさ。

観客の心の鎖をするすると解いていってしまうステージ力、
自分も見習わなくては。


そして、大団円の後、貴重な三線が当たる抽選会があったり、
最後まで、楽しませて頂きました。


そういえば、
三線を聴きに来て、まさかクラリネットのソロが聴けるとは思いもしなかったのですが、
N響などで演奏されているという方が、MCの中で、ワンフレーズ演奏されたのです。

これまで、独奏といってもバックで、ピアノや弦楽器が鳴っているものしか聴いた事が無く、
丸裸にされたようなクラリネットの柔らかな音色ひとつだけが、
ホールに響いたあの数秒。

私は今迄、クラの何を聴いていたんだろう、
と思う程、心を攫っていく魔力がありました。
(楽器の力なのか、演奏された方の力なのか判りませんが……)

クラリネットの演奏を聴く機会は、決して貴重ではないものの、
伴奏なしの独奏、は次にいつ聴ける事か。

意外にも、三線を聴きに行って、
大きな収穫を得てしまった瞬間でした。


次の合同発表会は、4年後。
東京でやるとは限らないと思いますが、
また行きたいと思いました。

揃てぃ遊ば
演奏後に友達がくれた、発表会特製手拭い♪

陽気な元気を貰い、颱風に背中を押されながらの帰路、
人気の少ない、伽藍とした町が異界の扉のようで異様。

初めて歩いた下丸子界隈は、懐かしさを感じる良い町でした。


 また、長いBlogを書いてしまった…… 
最後まで、読んで下さり、Vielen Dank!
明日は、15年振り位に茨城へ行ってきます!



 
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yatakekumi.blog82.fc2.com/tb.php/35-318037f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆11/25(Sat)@日吉Nap(横浜・日吉)
相原邦弘さんとのユニット出演


*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (107)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (12)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム