*森ノ中ノ燈台小屋カラ*

Singer Songwriter 矢武久実の日記

感覚の残骸から聞こえるもの

171011 夕空
11月17日の空


最近、幾つかタイムファンタジーものの作品を観た所為か、
もともと時系列を無視した夢を見たりもするので、

現在

に疑いをかけてみたりして、楽しんでいます。


何か、物・事・人に惹かれるには、理由がある
と、基本的に私は思う訳です。

「好きになるのに理由はいらない」
とたまに耳にするけれど、
それは何処か無責任というか、
「自分」を把握出来ていない、と感じてしまうのです。


生まれた瞬間から、周囲の影響を受け続け、
関わってきた訳で、

例えば花屋で初めてみた花に、
あの花、何か良いな、
と思う要因は、これまでのその人の経験で培われてきた
好きなものという要素の何かが
その花にも含まれているからだ。

という具合に。



……とってもカタイ話をしているようですが(苦笑)


そんな一方で、
昔から捨てきれない「運命論」。

今でこそ、声を大にして言わなくなりましたが、
一番良い喩えが、ドイツを好きになった要因。

上で挙げたように、好きになる要因を幾つか並べて説明する事は出来ます。
(中世の町並み・伝統文化・環境問題先進国など)

けれど、最初に出会った時の感覚は理論では説明出来ないのです。
感覚を説明するために、表現という手段を遣って、
中学生の頃の自分は、「昔、此処に住んでいた気がする」
=前世はドイツ人

と、周囲には言っていました(冗談交じりにすると、結構受け入れてくれた)


それくらい、説明し難い思い、というものは確かにあるのだと思います。
だから、好きな理由に拘る自分もいる訳で。


もしかしたら、違う時間軸にいた、現在とは違う世界にいる自分が関わっていたものが、
記憶は失われてしまったけれど、感覚・感情の残骸だけがうっすらと今の自分の中にあるのかもしれない。



食べ物でも雑貨でも服装でも「これ、何か良いんだよね」とか、「なんとなく好きなんだよね」
が、口癖だった友人に核を感じないな、と思っていたけれど、
とても感覚で生きていて、羨ましいとも思えた。


でもやはり、
自分は何故これを好きだと感じるんだろう
を突き詰めていくのは、
自分を知る手がかりになる気がする。

だから、拘りのある人間が好きだし、自分もそうありたい。


レコーディングでは、楽器の音、メロディーライン、全体のバランス、カラーなど、
沢山の小さな選択の連続です。(その前に、生きる事自体が選択の連続ですね)

前回のCD制作よりも、土台から自分に委ねられる部分が圧倒的に多く、
「これだ」
と決定する自分が揺らいでいては絶対に満足のいくものは出来ない。

何故、自分はこれが良いと思うのか、
何故、沢山の選択肢からこれを選んだのか、

拘りがあるから、「自分になる」のだと思います。


まぁ、そんな事を言いつつも、
行き詰ったら、一寸離れた所から俯瞰して、
「あの木とその隣りにある木は種類が違うけど、ここから見たら森には違いないから採用!」
となるのかもしれない(笑)
そんな時も必要です。

でなければ、いつまでも作り上げる事が出来ず、
お蔵入りになったものたちの未来は無くなってしまう。(己に言い聞かせ中)

そんな時間軸に生きないよう、
未来を選ばなければ。




そんな訳で、明日はドーナツを食べる未来を私は選ぶのです。
(ミスドで何と半額セール中!)
半額とあっては、勿論列をなしているという噂を聞いたのですが、
こんな事も無い限り、ドーナツを食べる機会も無いので頑張ります。




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yatakekumi.blog82.fc2.com/tb.php/86-f4ed8800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

yatakekumi

Author:yatakekumi
*矢武久実<Kumi YATAKE>

物語を紡ぐシンガーソングライター

~♪Schedule♪~

*~~~~~~~~~*

◆11/25(Sat)@日吉Nap(横浜・日吉)
相原邦弘さんとのユニット出演


*~~~~~~~~~*


~♪Info♪~

★2016年11月30日 1st full album『das älteste librarium ―最古の図書館―』発売!

★箱庭音楽劇場謹製 箱庭豆本『青いばらの手紙』を販売中!

★2015年2月よりiTunes,amazonにて楽曲配信がスタート!
CD通販、ダウンロードはHPから可能です。

最新記事

カテゴリ

*お知らせ (107)
*徒然 (44)
*好きなものの話 (9)
*寫眞 (27)
*森ノ外カラ【携帯】 (25)
*音楽 (11)
*未分類 (3)
*くまぶろぐ (12)

リンク

最新コメント

燈台小屋に訪れた方

月別アーカイブ

検索フォーム